戸板祭のご報告

第15回目を迎えた今年の戸板祭は10月28日(金)29日(土)に、百花繚蘭と題して華やかに開催されました。

   H28_toitasai_6.jpg     H28_toitasai_1.jpg

同窓会千草会では、28日に「美味しい紅茶はいかがですか」の題で体験講座を、29日には「喧騒を忘れて、お抹茶とお菓子で癒しのひとときを過ごしませんか」の題でティーサロンを開催し両日とも参加し、戸板祭をより盛会にすることができました。

紅茶の講師は昨年同様に卒業生が務めました。分かりやすい指導で大勢の卒業生・在学生に体験していただくことができました。

   H28_toitasai_5.jpg     H28_toitasai_4.jpg

 

2日目は朝から大勢の卒業生・在学生・戸板を希望してくださっている生徒さんや保護者の方にお抹茶とお菓子を召し上がっていただき大変喜ばれました。お点前は卒業生が務めました。

   H28_toitasai_7.jpg     H28_toitasai_8.jpg

卒業生に活けていただいたお花がお部屋を和やかにしてくれました。終了後は、2Fの事務局前に飾っていただいています。来客や入学手続きに来る生徒さんたちの目に触れ、きれいて温みのあるお花を見て、学校の良さを感じてくれています。

今年は、被服科35回卒業生の作品を展示させていただきました。2002年に第17回シルク博物館全国染織作品展に出展し入選された着物で、来場してくださった方々の目をくぎ付にしました。

   H28_toitasai_2.jpg    H28_toitasai_3.jpg

また昨年11月に行われました群馬県支部総会・今年6月に行われました北海道支部総会、そして戸板祭の約2週間前に開催された宮崎県支部総会の様子や、奨学生授与式の様子などをパネル展示し、日頃の同窓会千草会の活動を見ていただく良い機会となりました。

ご参加くださいました皆様に感謝申しあげます。

ありがとうございました。