生活科12回 山口 丕些子 | 私の歩み 母校との絆に育まれ
resize0164(1).jpg  

私は、昭和37年の卒業生です。卒業後は他大学の専攻科に進み、終了後は両親の強い要望もあって故郷の北海道へ帰り、函館市内の病院で栄養士になりました。

そして昭和40年、両親の願いを余所に八王子市に就職と結婚の縁が同時にあり、以来38年余り60歳の定年退職まで学校栄養士として勤務することになったのです。

昭和40年と言えば、母校の生活科が八王子の地へ移転して来た年です。私はここで再び母校の先生方とお遇いする機会を得られました。学校栄養士としてスタートをきった私には、先生方とお会い出来る「戸板栄養士会」は何よりも心強い一時でした。先生方の含畜のあるお話、先輩方の力強い体験談、栄養士同士による職場の話など、仕事への責任感と愛情、人間関係の重要さなど、そこで学ぶものは多く同窓の誼みであることに感謝と安心感がありました。

千草会の前会長は、「やさしさと思いやりは絆を強くする」と言っております。正しく私は、この先生の言葉を頼りに心の拠り所として今日まで栄養士を続けて来られたように思います。

私が学校栄養士になった頃、八王子市の学校給食は開始間もない頃で、実に多くの問題や課題に取り組み、乗り越えようとしていた時でした。合成洗剤問題、石鹸への切り替え対応、輸入食品や環境ホルモン・遺伝子組換え食品の研究、食品添加物の食への安全性、安全食品による手作り給食、米飯給食の実施、民間委託問題、O-157食中毒事件、アレルギー問題、そして最近は栄養教諭免許取得による「食育」の実践など、仲間と取り組んだ仕事は沢山ありました。私は常に研究や体験を通じて「食育の実践」が出来る栄養士を目指して仕事を続けて来ました。

さて私は、定年退職後素晴らしいご縁に恵まれて、母校で「給食管理実習」の授業を担当し学生達と関わることになりました。周りから支えて頂いたやさしさや思いやりは何にも増して有り難く、感謝の気持ちで働くことが出来ました。これこそが同窓の誼、充実した5年間、願ってもない貴重な仕事をさせて頂き私の心の財産となっています。

そして母校が四年制大学の検討を始めた頃、私は退職しました。予てから学んでみたいと思っていた東洋思想の「薬膳」の勉強を始め3年かけて「漢方薬膳師」を修めました。こうして現在まで、仕事を通して多くの人達に力を頂き、助けられてやって来ました。この先も母校との絆を大切に思い、精進を重ねて行きたいと思います。