会長の挨拶

会員の皆様、お変わりございませんかお伺い申しあげます。

平素は、同窓会千草会のためにご支援・ご協力を賜りありがとうございます。会の運営は現在の所順調です。

今年卒業して新しく会員になられた方は443名、新入生を学生会員としてお迎えした方483名です。多くの入学志願者から選ばれた若々しい活力あふれる方々です。本学の発展のためにも、同窓会千草会のこれからの担い手としても、ご活躍を期待しています。

校訓の「知好楽」と「至誠貫徹」の二つの言葉の中には、本学の教育方針が込められています。自ら学び、考え、判断し、責任を以って行動できる人材の育成です。今世の中では、このような女性を強く要望しているのではないでしょうか。良き人材を社会に送り出す使命を持っている本学のために、同窓会も何かお役に立てるよう努力しなければと思っています。

同窓会千草会の幹事会を2016年6月25日(土)に開催し、昨年度の行事報告から始まり、会計報告、特に決算・予算案についてご審議いだたき承認されました。また、会計監査についてもご承認いただけました。

平成28年度行事計画(案)も滞ることなくご承認いただきましたので、新卒幹事を含めて役員の方々とご一緒に会の運営に携わってまいります。

今後も学校行事には積極的に参加していきたいと思っています。秋(10月28日~29日)に開催される戸板祭には、同窓会千草会の独自のスタイルで楽しい催し物を考えております。学生たちと一緒に何かできるということは大変うれしいことです。学生と卒業生という強い繋がりができることを願っています。

今年も天候不順による大雨、土砂崩れ、落雷などによる災害が各地で起きています。特に熊本県・大分県を襲った大地震には目を覆うばかりでした。現地の方々の中には、卒業生もおいでかと思うと胸が切り裂かれる思いです。ご無事を願うばがりです。心よりお見舞い申しあげます。

皆様、どうぞ同窓会千草会の発展のために忌憚のないご意見をお寄せください。

ご健康とご活躍を願っています。

 

鈴木 靜子(生 4回卒)  

2016年6月30日  記