CAREER 進路・就職

就職実績

戸板女子短期大学
2021年3月卒業生就職率
98.3%

戸板女子短期大学は、2021年3月卒業生において、就職率98.3%を達成しました。2020年3月の卒業生464名のうち、就職希望者数は423名、就職者数は416名でした。(前年度の就職希望者数422名、就職者数419名、就職率99.3%)
※「令和3年3月大学等卒業予定者の就職状況」(文部科学省・厚生労働省の共同調査)の就職率は四年制大学96.0%、短期大学96.3%。

これは、コロナウィルス感染症拡大により企業の採用数が激減する中、
(1)各履修モデルに基づく業界・企業へコネクションをベースに一定の内定実績を確保することが出来た、
(2)「プレゼンテーションの戸板」と言われる本学学生の前向きで諦めない気質が企業様から選ばれる短大生として評価いただけた
(3)戸板スタジオ、オンライン就職支援、動画選考対策等、小回りの利く進路支援を早期から実施できた、などの複数の要因によって達成できたもの

であると考えます。

以下、各学科就職実績の概要をお伝えします。

服飾芸術科

アパレルブランド、ビューティ、ウエディングに強い服飾芸術科は健在

新型コロナウィルスの影響を強く受けながらも、履修モデルであるアパレル業界で50名、ビューティー39名、ブライダル14名と、多数の内定を獲得することができました。一方で、今年度は履修モデル以外へ目を向けた学生も多く、特に事務系はディーラーや医療事務など対人能力を活かせる業界を中心に約40名が就職しました。
業界別にみていくと、アパレル関連では、パル、キャン、アダストリア、ストライプインターナショナル、ナイスクラップ、マッシュホールディング等の人気SPA企業、アニエスべージャパン、PHPジャパン等の外資系セレクトショップ、ユザワヤ商事、トリンプ・インターナショナル等の服飾雑貨、EC事業を展開するダイヤモンドヘッドなどに就職しました。
また、ブライダル業界では、テイクアンドギヴ・ニーズ、ソンブルイユ、グッドラック・コーポレーション等の婚礼施設のほか、ニューアート・シーマ、ベリテ等のブライダルジュエリー、写真スタジオ等への就職が増加しました。
ビューティー業界では、オルビス、エキップ、ピアス等の美容部員のほか、スキンケアサロン、ネイルサロン、美容室など幅広い企業に就職しました。
その他、事務系では、パナソニック、ニチコン、立川ブラインド工業、信金中金ビジネス、埼玉トヨペット、ネッツトヨタ東都などに就職しました。

国際コミュニケーション学科

航空1名、ホテル12名、鉄道サービス7名、事務系53名、医療事務16名など、幅広い就職を実現

航空・旅行・観光業界が軒並み採用を中止し、多くの学生が業界変更を余儀なくされましたが、幅広い高いコミュニケーション能力と汎用性のある事務スキルと語学・事務・サービスという汎用性のある幅広い学びが、高い就職率に繋がりました。

ホテルに関しては、本学が培った企業とのパイプを活かしザ・キャピトルホテル東急、パークハイアット東京、ホテル椿山荘東京等に14名が内定を獲得、鉄道サービスでは、JR東日本サービスクリエーション、ジェイアール東海パッセンジャーズ、JR東日本ステーションサービスなどに7名、ほかにJALサンライト等の航空関連会社、免税店にも就職しました。

事務系では、金融事務に7名、メーカー・商社・建設・運輸などの一般事務に21名、システムエンジニアを含む情報通信企業に8名が就職したほか、国内外ディーラー等の高い対人接客力を活かせる企業に17名が就職しました。医療事務でもクリニックや検診施設、調剤薬局等、接客重視の就職が目立ちました。

食物栄養科

不況に強い栄養士、人気のフードビジネスやサービス業界・小売業界に就職先が広がる食物栄養科

昨年より導入した、食物栄養科の履修モデル「病院・福祉」「保育所・学校・社員食堂」「フードビジネス・販売」「カフェレストラン・メニュー開発」に満遍なく就職しました。
特に、景気の影響を受けにくい栄養士での就職は50%を超え、LEOC、日清医療食品、エームサービス、NECライベックスといった給食受託会社や保育園、病院等に就職しました。
また、フードコーディネーター、フードスペシャリスト資格取得の学びを活かせる業界も依然として人気があり、昨年より数は減らしましたが、ABC Cooking Studio、流山キッコーマン、ポッカクリエイト、タリーズコーヒージャパン、トオカツフーズ、ゼットン等に就職しました。また、ファンケル、クリエイトエス・ディー等の健康関連企業への就職も増加しました。

 

 

キャリアセンター