食物栄養科

教員紹介

  • 北岡 千佳 助教

最終学歴 東京農業大学大学院農学研究科食品栄養学専攻修士課程修了
学位 修士 (食品栄養学)
専攻(専門分野) 食品学、栄養学
担当科目 戸板ゼミナール / 食物栄養科ゼミナール / 食育ゼミナール / 食育演習 / 栄養指導実習1 / 栄養指導実習2 / 食品の評価と鑑別 / 栄養士基礎演習 / 栄養士実践演習 / 給食管理実習(学外)
研究テーマ
  • 主に二枚貝の呈味成分等に関する研究
所属学会・団体等 日本栄養・食糧学会 / 日本農芸化学会 / 日本調理科学会 / 日本食生活学会 / 日本食品化学学会
主要業績

【学術論文】

  • Comparison of free amino acid components in the Pacific oyster reared using two different culture methods in Nagasaki prefecture, Yuko Kato-Yoshinaga, Chika Kitaoka, Akira Shinagawa, Japanese Journal of Food Chemistry and Safety, 21(2), 121-126 (2014)
  • Taste component comparisons of single seed Pacific oysters collected in the first and the second harvest years in Nagasaki prefecture, Yuko Kato-Yoshinaga, Chika Kitaoka, Akira Shinagawa, Naoko Hamada-Sato, Japanese Journal of Food Chemistry and Safety, 21(2), 127-134 (2014)
  • 養殖方法の異なる長崎県産夏ガキCrassostrea gigasの遊離アミノ酸組成について, (北岡, 品川, 良永), 戸板女子短期大学研究年報 (57), 9-12 (2014)

【研究発表】

  • Preliminary study on amino acid and organic acid compositions in Pacific oyster Crassostrea gigas cultured by two different methods in Nagasaki Prefecture. (Kitaoka, Shinagawa and Yoshinaga)
    10th Japan-Korea, Korea-Japan Joint Symposium on Aquaculture 2012

  • 養殖方法の異なる長崎県産マガキの遊離アミノ酸および有機酸組成の比較と季節変化, (北岡、品川、良永), 日本食生活学会第47回大会 (2013)

  • 飼育年数の異なるシングルシードマガキにおける 呈味成分の比較, (北岡、品川、良永),日本食品化学会第20回総会・学術大会 (2014)

自己紹介・メッセージ 何事も「楽しみながらやる」をモットーに取り組んでいます。勉強も楽しむ気持ちを持ってすれば、不思議と身に付きやすくなります。戸板で一緒に楽しく学びましょう!

関連情報

▼興味を持ったら・・

来て観てチェック!!2014オープンキャンパス情報 まずはじっくり資料請求してみる 90秒で実感!!戸板のミリョク