食物栄養科

教員紹介

  • 増野 弥生 准教授
最終学歴 日本女子大学大学院家政学研究科食物・栄養学専攻修士課程修了
学位 家政学修士
専攻(専門分野) 応用栄養, 小児栄養, 臨床栄養
担当科目 戸板ゼミナール / 食物栄養科ゼミナール / 食育ゼミナール / 応用栄養学 / 応用栄養学実習 / 公衆栄養学 / 給食管理実習(学外) / 栄養士実践演習
研究テーマ
  • 小児期の栄養状態についての研究
  • 学童期の体格および栄養摂取と骨量の関係
  • 糖尿病ラットにおける食餌性核酸の関係
  • 食物アレルギー
所属学会・団体等 日本栄養・食糧学会 / 日本栄養改善学会 / 日本咀嚼学会 / 日本小児アレルギー学会
主要業績

【著書】

  • 「応用栄養学実験書 日本人の食事摂取基準(2005年版)」(共著)星野厚子編著 建帛社(2005.4)
  • 「改訂 応用栄養学実習書」(共著)柳沢幸江編著 建帛社(2010.3)
  • 「実践臨床栄養学実習書」(共著)長濱幸子、長崎洋三、手塚緑編著 第一出版(2010.3)
  • 「新版 応用栄養学」(共著)吉田勉編 学文社(2008.2)

【学術論文】

  • 「STZ糖尿病ラットのプリン・ヌクレオチド代謝に及ぼす食事性核酸の影響」日本女子大学修士論文(1991.3)
  • 「本学食物栄養科2年生における市販離乳食に関する意識調査からの一考察 ~食育ゼミナールの取り組みより~」『戸板女子短期大学研究年報』 第52号 pp. 13-21(2010.3)
  • 「保育園給食における食物アレルギー児の実態調査I」『戸板女子短期大学研究年報』 第54号 pp. 27-32(2012.3)
  • 「保育園給食における食物アレルギー児の実態調査II」『戸板女子短期大学研究年報』 第55号 pp. 21-26(2013.3)

【研究発表】

  • 「児童の体格が踵骨骨量に及ぼす影響」 日本骨粗鬆症学会第6回大会 (2004.11)
  • 「児童の体格・栄養摂取状況および踵骨骨量の実態」 日本栄養・食糧学会第59回大会 (2005.5)
  • 「児童の体格・生活習慣および踵骨骨量の現状」 日本栄養改善学会第52回大会 (2005.9)
  • 「児童の体格・および踵骨骨量の1年間の変化」 日本栄養・食糧学会第59回大会 (2005.5)
  • 「学園祭における食育活動の実践とその効果の分析」 第2回 日本食育学会 (2008.5)
  • 「少年野球チームにおける食生活の実態及びスポーツドリンクの利用状況に関する研究」 日本栄養改善学会第56回大会 (2009.9)

【講演】

  • 「乳幼児の栄養について ~朝食・間食の重要性について~」座間こどもの家保育園(2009.2.14)
  • 「乳幼児の栄養について ~食品添加物および食生活が与えるこどもへの影響~」座間こどもの家保育園(2010.2.13)
  • 「卓育~子どもの栄養について~」NPO法人食空間コーディネート協会(2012.1)
  • 第7期「アレルギー大学」「発達とアレルギーII 幼児期・学童期の食育とアレルギー」NPO法人アレルギー支援ネットワーク(2012.9)
  • 「子育て講演会~子どもと食育について~」学校法人 黎明学園 姉ヶ崎第二幼稚園(2013.2)
  • ・第8期 「アレルギー大学 発達とアレルギー ~幼児期・学童期の食育とアレルギー~」NPO法人アレルギー支援ネットワーク (2013.8.17)
  • 「健康講座 ~健康と食の話~」NPO法人 エブリィ みずべネット(芝浦港南地区) (2013.12.13)
  • 「第6回 准卓育インストラクター養成講座 ~子どもの栄養について~」NPO法人 食空間コーディネート協会(2014.1.26)

【教育指導】

  • 江澤郁子先生のミルク塾「骨太!カルシウム強化メニュー」の料理製作(2008.11, 2009.11)日本ミルクコミュニティHP内掲載中
自己紹介・メッセージ

 授業ではただ単位取得のためにだけ学ぶのではなく、興味を持って自ら学ぶ姿勢を持って望んでほしいと思っています。

 学生の皆さんにとって、二年間という限られた時間が充実したものになるようにと切に願っています。

 

関連情報

▼興味を持ったら・・

来て観てチェック!!2014オープンキャンパス情報 まずはじっくり資料請求してみる 90秒で実感!!戸板のミリョク