企業・地域プロジェクト

SHARE

【服飾芸術科】株式会社アダストリア「Heatherのプロモーション動画を作る」

2019年7月30日


img_0056  https://toita.ac.jp/news/wp-content/uploads/2019/06/665eff336946b6df4ba17314fe2870cf.pngalt=

戸板女子短期大学では、1年生全学科全員を対象にした総合教養科目「戸板ゼミナール」にて、プレゼンテーションの学びの一環として、「産学連携プロジェクト」を毎年実施しております。

 

今回は、服飾芸術科1年生194名が5月~7月にかけて真剣に取り組んだ授業の様子をお伝えします。

 

 

【服飾芸術科】株式会社アダストリア「Heatherのプロモーション動画を作る」

企画内容: アダストリアのブランド「Heather」は女子大生がメインターゲットのため、20代後半になると、卒業される方が多いです。皆さんが10年後もブランドを卒業せずに「Heatherを買い続けたい」と思える15~30秒のプロモーション動画を編集作成し、ブランドイメージの向上や販売促進提案を行ってください。

 

服飾芸術科の1年生は株式会社アダストリア様から課題をいただき、動画作成・プレゼンテーションを行いました。

 

①戸板ホールにて今年度の産学連携プロジェクトの概要説明がありました。 服飾芸術科は、株式会社アダストリアのブランド『Heather』が抱えているブランド課題を解決するという概要と事前課題が出されました。

 

②Heatherブランド担当者様に来校頂き、ブランドの説明や「卒業せずにHeatherを買い続けてもらうためのプロモーション動画を考える」という課題の詳細が発表されました。

 

02

③5~6人の班に分かれ、動画作成の計画を練り始めました。それぞれの提案を持ち寄り、絵コンテを作成。早い班は動画撮影を始めました。

 

03

④授業時間90分をフルに使って、動画撮影・編集をしました。どの班も学内各所で思い思いに撮影していました。

 

04

⑤プレゼンの台本を各班で練り、練習をしました。

 

05

⑥作成した動画を流してプレゼンを行う予選会が行われました。プレゼンは学生全員が実施します。 他班の学生のプレゼンをルーブリックを用いながら評価する相互評価も行いました。

 

06

⑦決勝に進んだ8つの班の学生が戸板ホールでプレゼンテーションを実施し、最優秀賞、優秀賞が選ばれました。 また、事前課題であったワークシートへの取り組みが素晴らしかった学生に対しても表彰がありました。

 

07

 

08

 

09

初めは戸惑いながらグループワークをしていた学生も、授業が進むうちにチームで何かを作りあげることの楽しさ、チームワークの大切さを学び、授業時間外や自宅でも真剣に課題に取り組んでいました。 決勝に進んだチームもそうでないチームも、動画作成やプレゼン準備のプロセスを通じて多くのことを学んだようです。 この経験は必ずこの先の就職活動や社会生活に活かせるはずです。

 

以下は、学生の感想になります。

 

『グループの皆と協力しなければ、この産学連携プログラムは成立できないと実感しました。 このプログラムでは、服に対しての知識や思考を養うだけでなく、グループ活動を行う上でのコミュニケーションや積極性、動画作成での編集力やプレゼンテーション力が養われ、これまでに私が経験し身につけたリーダーシップの力がとても活かされました。 また、他のグループの良い点や改善点を見つけ出すことで、今後のアイデアに活かせるヒントになり、とても刺激になりました。』

 

『今回の産学連携プログラムを通して、積極性を身につけ努力することや協力することの大切さを実感できました。 反省すべき点は、自分の個性を出し切ることができなかったので、今後の課題として受け止めたいと思います。 大好きなHeatherとの産学連携プログラムを戸板で経験出来てとても嬉しかったです。』

 

『私の将来の目標がアパレル業界に就職をしてMD担当、もしくはプレス担当になることです。 社会に出てからの仕事は1人で決めるものではなく、グループやプロジェクトチームで何度も会議を重ねて決定していくものなので、今回の産学連携プロジェクトに参加をして、戸板を卒業した後の社会人として働くイメージがしっかりとできました。 ありがとうございました。』

 

『プレゼンテーションで大切なことは聞く相手を意識すること。 私以外の人のプレゼンテーションをを聞く機会が多くあり、話すスピード、言葉の強弱、間の取り方、さらにはジェスチャーを加えて話すと聞き手の理解がより深まるなど、さまざまなことを学びました。 この経験を就職活動の面接選考などで活かしていきたいです。』

 

 

株式会社アダストリアの皆様、ありがとうございました!

 

 

本件に関する報道お問い合わせ先

戸板女子短期大学 入試・広報部
担当:澁谷
電話:03-3451-8383

 

 


TOPに戻る