TOITAだより

【キャリア】学修成果の中身に関する産業界との協議を実施しました。


topimg_5518

 

9月20日(金)に日産プリンス東京販売株式会社の人事担当者をお招きして、学修成果の中身や学修成果に関する情報についての協議を行いました。

 

これは、本学における学修成果に関する情報が、学生の就職先の採用プロセスにおいて有効に活用されるよう、学修成果として含めるべき内容やその表現方法について、企業の人事の方の実際の声を聞いて、改善していこうという取り組みです。

 

はじめに、本学の3つのポリシー(ディプロマポリシー、カリキュラムポリシー、アドミッションポリシー)を説明し、教育理念についてご理解を頂きました。 次に、本学の学修成果に関する情報「卒業見込証明書」「成績単位取得証明書」や、学修成果をディプロマポリシーの項目ごとに表す「ディプロマサプリメント」や社会で求められる汎用的なジェネリックスキルを測定する「外部アセスメントテスト」等についても説明を行いました。

 

人事担当者からは「ディプロマサプリメントのような資料は初めて見たが、それぞれの能力がチャート化されており、特に弊社が重視している協調性・チームワークが可視化されていて分かりやすい」と評価を頂きました。

また、本学の学びの特徴である「産学連携プロジェクト」や「プレゼンテーション教育」によって、自分の意見をきちんと伝える事ができる能力を身につけられる点についても「弊社は、大学での勉強で自分の中の引き出しを増やしてほしいと考えており、産学連携プロジェクトやプレゼンテーション教育とは方向性が合致する」という言葉を頂きました。

 

今後も、様々な産業界の人事担当者をお招きして、学生の学修成果の中身の改善を図り、キャリア教育に生かしていきたいと考えています。

 

 

本件に関するお問い合わせ先
戸板女子短期大学 教務部 薮下まで
電話:03-3452-6367