TOITAだより

【プレゼン講座】千葉黎明高等学校で後輩に向けてプレゼン指導を行いました。


img_5274

 

10月24日(木)千葉黎明高等学校の卒業生で戸板女子短期大学 国際コミュニケーション学科1年の葛西ありささんが、高校の後輩に向けてプレゼン指導を行いました。

 

「私は現在、ホテル業界を目指して、戸板女子短期大学で、英語、ホテル、観光など専門的な授業を中心に学んでいます。またオープンキャンパススタッフTeamといたんの活動では、高校生に戸板女子短期大学の魅力を伝えるべく、オープンキャンパスで、キャンパスツアー、といたんと話そう、プレゼンテーションなどたくさんの事に挑戦しています。

私が卒業した千葉黎明高等学校では、今年初めて外部のプレゼン大会に生徒が参加します。参加する生徒は1グループ3~5名の3グループで、大会本番は11月9日。生徒の皆さんは、今までプレゼンの内容作りやスライドの作成など約1カ月間準備を進めてきました。今回、本番に向けて初めて実戦の練習を行います。
そこで、卒業生の私がプレゼン指導を行うことになり、練習では3グループが順番に3~5分程度のプレゼンテーションを行いました。
各グループのプレゼンターはすごく緊張した様子でしたが、初めてとは思えない素晴らしい内容でした。
プレゼン指導では、表現の強弱やテンポ、手で示す時の綺麗な見せ方など表現方法を中心に各グループにアドバイスをしました。私のアドバイスを高校生の皆さんは細かくメモを取り、指導終了後も熱心に質問をしてくれました。
今回、初めてプレゼン指導を行いましたが、人のプレゼンテーションを聞いて的確にアドバイスをする難しさなど、私自身本当に勉強になることがたくさんありました。また後輩たちのプレゼンのレベルが高くて皆さんの熱意がすごく伝わる内容でした。
せっかくこのような機会をもらえたので、これからも本番まで後輩にたくさんのことをアドバイスしてあげたいと思っています!

本番まであまり時間がありませんが、今後も定期的にプレゼン指導を行う予定です。次回は実際に私が「高校生へのメッセージ」というテーマで、プレゼンを後輩に見せる予定です。

 

プレゼンテーションは練習していけば、必ず上達します。
後輩の皆さんには、悔いのないようにこれからも一生懸命練習してもらって、当日に臨んでほしいと思っています。
千葉黎明高校の生徒がプレゼン大会で優勝できるように応援しています!

 

そして私自身も、もっとプレゼンがうまくなるよう努力していきたいです。」

 

国際コミュニケーション学科1年 葛西ありさ

 

img_5262

 

img_5287

 

img_5252

 

img_5269

 

 

 

 

本件のお問い合わせ・取材に関しては
入試・入試広報部 澁谷まで
TEL 03-3451-8383