TOITA FASHION NEWS
TOITAファッションニュース

【服飾芸術科】ファッション素材論でYKK株式会社 ファスニング事業本部による講義が行われました。

img_0447

 

12/19(木)戸板女子短期大学 服飾芸術科 ファッション素材論にて、YKK株式会社 ファスニング事業本部によるファスニング講座を行いました。

 

YKK株式会社は、ファスニング業界で95%以上を占有する企業。

今回の講座は、ファスニング商品全般から面ファスナー、テープ、プラスティック製品、スナップ及び金属ボタンの歴史・機能・用途他、さらには、各製品の現状の特殊用途など、ご準備いただいたサンプルで分かりやすく丁寧にお話しいただきました。また、顧客消費者及び社会への安全・安心の提供の一環として、YKK商品の開発の歴史、機能、製品構成及び特殊用途等を説明することでYKK商品を使用する際のアイディアの拡大や誤った使いかたの予防についてお話しされました。

 

サンプルのファスナーの種類が多く、店頭で見る機会のないファスナー類は、それぞれ用途別に製造されているとのこと。普段は何気なく見ている衣服の付属品としてのファスナーやボタンですが、用途に応じて大切な役割を果たしていることを教えていただきました。

 

以下、学生の感想です。

 

「私たちが普段何気なく着ている洋服や身の回りの物にたくさんのYKK商品が使われていることを知りました。
ファスナー一つ一つにも大きさや形、柄など色々なものがあり、改めて凄いなと思いました。とても勉強になりました。
ありがとうございました(服飾芸術科1年)」

 

「複数のモデルを実際に手で触れることができたので、講義を聞きながら理解を深めることが出来ました。
ファスナーには思っていた数倍の種類があり、使用用途や使用する布などで使い分け消費者ニーズに応えていることがわかりました(服飾芸術科1年)」

 

「普段私たちが使っているファスナーには、たくさんの種類があり、一つ一つ服など用途に合わせ、より使いやすくなるように研究開発が繰り返されていることに感動しました。私が個人的に好きなファスナーは、なめらかな感触で開け閉めができるコンシールファスナーです。非常に扱いやすく、服飾造形のスカート製作でも実際に取り付けました(服飾芸術科1年)」

 

 

img_0435

 

img_0440

 

img_0434

 

img_0420

 

 

 

本件に関するお問い合わせ先
戸板女子短期大学 入試・広報部 澁谷まで
TEL 03-3451-8383