TOITAだより

グループ2 ARABIAN STORY TOITA Wedding ceremony2019


unnamed

 

 

戸板女子短期大学は、服飾芸術科の学びの一環として「ウエディング・セレモニー」の講義を受講する服飾芸術科1年生120名が3グループに分かれて、3組の結婚式を主体的に企画・運営する「模擬挙式」を2019年8月4日(日)のオープンキャンパス内で開催します。

 


TOITA Wedding ceremony2019 実施概要

開催日時

8月4日(日) グループ2 11:45~12:15

 

開催場所

戸板女子短期大学 戸板ホール

 

 

グループ2 コンセプト

 

ARABIAN STORY

 

メンバー

 

花嫁:大橋 彩

 

プランナー:冨永 彩笑,稲垣 舞,大槻 桃子

 

司会:矢作 理紗,中村 朱里

 

ブライズメイド:松木 柚花,高橋 紫,吉田 舞香,冨永 明日香,松浦 瑞紀,石川 美晴

 

衣装:大塚 葵,伊藤 紬,宮内 紗羽

 

会場:桝谷 美環,星田 若菜,村上 望実,佐々木 渚

 

音楽:菊池 美玲,河原木 まりも

 

照明:谷 実依奈,中野 愛梨

 

広報:鈴木 栞,篠原 果奈

 

 

banner_2

 

 

新郎新婦のペルソナ

 

新郎:大嶋 大輔(31歳) 新婦:浅川 唯(29歳)

 

img_1551

 

新郎は、東京外大卒業 神奈川県在住(両親 三人兄弟の長男)

 

父親は日本茶の専門店を営む。現在は地元商店街会長。 子供のころからエジプトのピラミッドなどに魅了され大学の専攻はアラビア語。大学時代にエジプトに行きピラミッド、エジプト文化に触れ、アラビア言語と文化を深く学ぶことを決意。卒業後は図書館司書の資格をとり東京都立図書館に勤務。外国語書籍アラビア語担当。弟は29歳、25歳、共に社会人独身。

 

新婦は、戸板女子短期大学卒業 東京都府中市在住(両親と妹)

 

父親は会社員。母親は専業主婦だが病弱で入退院を繰り返す。 新婦は旅が大好きで東南アジアを中心に旅行を楽しんでいた。とくにベトナムのダナンが大好きになり独学でベトナム語を学びながら卒業後、何度もベトナムへ渡航。一度、生保会社に就職するも子供のころからの憧れ、図書館司書の資格を3年前に取得し欠員が出た東京都立図書館に務める。専門はベトナム語書籍。 妹は27歳、社会人。 二人は職場で知り合い、お互いの好きな言語や国の話をしながら意気投合し結婚を決める。

 

交際期間3年。その間、二人でベトナムダナン、エジプト、トルコなどを旅行。

 

 

挙式の様子

img_3863

 

img_3890

 

img_3898

 

img_3933

 

img_0588

 

img_0578

 

img_0571

 

img_0568

 

img_0566

 

img_0552

 

img_0540

 

img_0531

 

img_0512

 

img_0500

 

img_0493

 

img_0483

 

img_0473

 

img_0745

 

img_0823

 

img_0830

 

 

他のグループ

 

wedding2

 

wedding3

 

 

 

戸板女子短期大学 服飾芸術科 ウエディングモデルでは「ブライダル企業の現地見学」や「ドレススタイリストによる実践指導」を中心に、ウエディング業務を総合的に学習しています。 職場で必要とされるビジネスマナーや敬語の遣い方、プレゼンテーション演習やホスピタリティ総論、サービスの心理学など様々な科目を通して、ホスピタリティの本質や表現手法も併せて学んでいます。

 

当日は、戸板ホールで、学生たちがウエディングプランナー、ドレススタイリスト、ヘアメイク、音響照明、プレス、カメラ、ブライズメイド、新婦の役割を分担し、全員一丸となって「模擬挙式」を制作します。 またドレスショップ「ブライダルミュー」様の衣裳のご協力や安東徳子先生をはじめとするスペシャリストの各講師と一緒に、夢と希望が溢れるウエディングの世界をエンターテイメント性豊かに表現します。

 

オープンキャンパスご参加の皆様、ささやかな幸せのお裾分けとともに、3グループ120名が、精一杯のおもてなしをさせていただきたいと思います。戸板女子短期大学のウエディングモデルにご興味のある方は、ぜひ8/4(日)のオープンキャンパスへご参加ください。

 

 

本件に関するお問い合わせ先
戸板女子短期大学 入試・広報部 澁谷まで
TEL 03-3451-8383