国際コミュニケーション学科 教員公募について

ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IR室 中村素行さん

戸板女子短期大学 国際コミュニケーション学科では「ICT教育」領域で教員を募集いたします。
募集の詳細は、以下をご確認ください。
 

【募集人員】
教授、准教授または専任講師等の実務家教員(契約専任教員)1名

【担当分野】
①データサイエンス、情報通信、ICT技術を活用したネットコミュニケーション
②SNS、Webマーケティング、動画広告等のインターネットビジネス
      
【所  属】
国際コミュニケーション学科

【採用予定日】令和5年4月1日

【勤務地】
三田キャンパス(東京都港区芝2丁目21番17号)

【担当予定科目】
・デジタルマーケティング
・ビジネスプレゼンテーション実践演習
・ネットコミュニケーション論
・コンテンツビジネス論
・データサイエンス
・産学連携ゼミ関連科目、キャリア教育科目
・その他

【応募資格】
(1)インターネットビジネス等専門分野における概ね5年以上の実務経験を有し、かつ高度な実務の能力を有すること。
(2)実務経験がない場合は、修士以上の学位を有すること、または同等の研究業績を有すること。
(3)教育研究活動に理解があり、産学連携事業、起業や就職活動等具体的な学生支援活動等、指導と教育に熱意を持って臨む意欲のあること。

【勤務形態:任期あり】 
初年度1年間は有期雇用、契約の更新、および無期雇用への変更は、勤務態度・勤務能力、学園の業務量・経営状況により判断いたします。

【給与】
給与その他の諸条件は学校法人戸板学園及び戸板女子短期大学の規定によります。

【勤務】
週5日勤務(うち1日は研究日)、土日祝休、1日8時間勤務(休憩45分) 8:45~17:30 または 9:45~18:30 授業の担当により異なります。
休日勤務あり、この場合は原則として振替休暇または代休を取得としますが、法定休日出勤と週40時間を超過した法定外休日勤務に手当を支給します。

【加入保険】
日本私立学校振興・共済事業団(年金・健康保険)、及び労働保険(労災・雇用)

【定年】
60歳の年度末による退職  (65歳までの再雇用制度有)

【提出書類】
(1)履歴書 *本学所定の様式(本学所定様式ダウンロード
(2)研究業績書 *本学所定の様式(本学所定様式ダウンロード
(3)主な業績またはコピー
(4)学位記コピー
(5)情報系の教育に対する抱負、就任後の本学における学生指導に対する抱負(1,500文字程度)

【応募締切日】 令和4年8月9日(木)必着

【応募連絡先】 応募書類の提出方法:郵送
提出先: 〒105-0014 東京都港区芝2-21-17
戸板女子短期大学 国際コミュニケーション学科 松井恵美子宛封筒に「国際コミュニ
ケーション学科教員公募書類在中」と朱書きし、簡易書留郵便で送付してください。

【選考方法】
一次選考:書類審査
二次審査:面接、模擬授業
最終選考:面接
*選考のための交通費はご負担いただきます。

【選考結果】選考終了後に文書で本人に通知します。

【その他】 
(1)応募書類は原則として返却致しません。尚、応募に際し提出いただいた個人情報は本学の規程に従って適切に管理し、採用選考の目的以外には使用いたしません。
(2)採用が決定した方の個人情報については、入職後の雇用管理資料として引き続き利用し、その他の方の個人情報は責任をもって廃棄します。
 
【問い合わせ先】
戸板女子短期大学 短大事務局長 中村 素行
Tel: 03-3452-4161(代)
E-mail: mnakamura@toita.ac.jp
*お問い合わせ時間:午前10時~午後5時(土・日・祭日を除く)
*選考内容、選考結果に関するお問い合わせにはお答えできません。

IR室 中村素行さん

職員
IR室長 / 局長

いろいろと肩書が多いですが、社会との接点から、学生が様々なことを体験し学ぶ仕組みつくりを目標にしています。授業で専門分野や幅広い教養を学ぶ、課外活動で社会に通用するコンピテンシーを高めるということができる学校だと思っています。 広報学生スタッフ「Teamといたん」の活動、学生ボランティア組織「TOITAアンバサダー」、地域貢献を目指す「学生消防団」活動など進めています。