千草会

裁縫ノート

GALLERY

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
同窓会千草会

当時、使われていた教科書は図や仕立て方の説明は簡略化されており、現代の私たちが理解するにはなかなか難しく感じられます。

寄贈されたノートを拝見すると図表や写真とともに制作過程が詳細また丁寧に書かれてあり、学生たちの勉学に励む熱意や姿勢が伝わってきます。

 

  

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同窓会千草会

職員

千草会は戸板女子短期大学の同窓会組織です。1928年戸板関子先生が同窓会の名称を「千草会」と命名されました。創立してから 120年を迎える現代にも、戸板関子先生が掲げた校訓「知好楽」の精神を大切にした「実学」の教育目標は生きております。