千草会

中等裁縫教科書 1・2巻

GALLERY

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
同窓会千草会

中等教員養成科で使用された教科書です。著者は戸板裁縫学校裁縫研究会で代表の2代目学長青木朝子(あさ)先生となっております。「裁縫」の授業で1年次に和裁(1巻)を2年次に洋裁(2巻)を勉強するときに使われました。

 

寄贈者は中等教員養成科46回(1940年3月卒)菅谷整子様

本件に関するお問合せ先

戸板女子短期大学 千草会 まで
TEL 03-3452-4169

同窓会千草会

職員

千草会は戸板女子短期大学の同窓会組織です。1928年戸板関子先生が同窓会の名称を「千草会」と命名されました。創立してから 120年近くを迎える現代にも、戸板関子先生が掲げた校訓「知好楽」の精神を大切にした「実学」の教育目標は生きております。