千草会

裁縫の基礎縫

GALLERY

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
同窓会千草会

和裁や要塞の基礎技術を習得するために、最初の一歩として各種基礎の縫い方を部分縫としてまとめた物が数冊遺されています。

中等教員養成科や師範科などど専攻は違っていても学んでいる内容は同じのようでした。

和裁では二重縫や三つ折縫、躾のかけ方各種など、洋裁ではボタンつけやスナップつけ、ボタンホール、ギャザーよせ、カフスなど数種類が1冊にまとめられています。

 

    

    

  

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同窓会千草会

職員

千草会は戸板女子短期大学の同窓会組織です。1928年戸板関子先生が同窓会の名称を「千草会」と命名されました。創立してから 120年を迎える現代にも、戸板関子先生が掲げた校訓「知好楽」の精神を大切にした「実学」の教育目標は生きております。