千草会

*これ以降、和裁や洋裁、手芸の基礎縫やひな型などの標本を紹介していきます

GALLERY

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
同窓会千草会

寄贈された作品は、中等教員養成科の卒業生(大正10年・13年・昭和15年)からの物が中心で、高等師範科の卒業生の物は少ないです。

また制作者不明の物や学校標本として残された物もあります。

標本と合わせて当時のカリキュラムも参考にしていただきたいと考え掲載しました。

 

 

 

 

また、作品と一緒に提出する裁縫帳や授業時に刻銘に書き込んだノートも残されており、当時の女学生が熱心に勉学に励んでいる姿を知ることができ、大変興味深い資料です。

まずは、手芸標本から見ていきます。

同窓会千草会

職員

千草会は戸板女子短期大学の同窓会組織です。1928年戸板関子先生が同窓会の名称を「千草会」と命名されました。創立してから 120年近くを迎える現代にも、戸板関子先生が掲げた校訓「知好楽」の精神を大切にした「実学」の教育目標は生きております。