千草会

日本刺繍の基礎刺し

GALLERY

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
同窓会千草会

一枚の絹布に藤や紅葉、桔梗など数種類の草花を刺すことにより基礎技法を学んでいます。

中等教員養成科生や高等師範科生の作品です。

色紙用に刺された水仙の刺繍は、手芸の時間に基礎刺しの応用教材として用いられたいものです。

 

 

 

 

同窓会千草会

職員

千草会は戸板女子短期大学の同窓会組織です。1928年戸板関子先生が同窓会の名称を「千草会」と命名されました。創立してから 120年を迎える現代にも、戸板関子先生が掲げた校訓「知好楽」の精神を大切にした「実学」の教育目標は生きております。