時代図書館Ⅰ 時空を超えて、本と出合おう

図書館

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
戸板女子短期大学 図書館

戸板女子短期大学 図書館の年間企画、時代図書館が今年も始まりました。

時代図書館とは、一年生の皆さんが生まれた年や小学校入学の年など、節目節目となる年の出来事や、ベストセラーを通じて往時を振り返り、「今」を生きるあなたを支えてきた時代について、思いを馳せてみませんか?という企画です。

第一回目の今回は、あなたの生まれた年、2004年について振り返ってみます。(2003年生まれの方は、こちらをどうぞ)

2004年はアテネオリンピックが開催され、201の国や地域から、10,684人の選手がオリンピックの発祥地アテネで、その力と技を競い合いました。
日本も大健闘し、記憶に新しい昨年の東京オリンピックまでのデータを入れると、メダル数では歴代4位、金メダル数は2位、という輝かしい結果でした。

100メートル平泳ぎで金メダルが決まった瞬間、競泳の北島康介選手が発した「チョー気持ちいい」というひと言は、皆さんもきっと一度はどこかで耳にしたのではないでしょうか。

ところで、4年に一度のオリンピックイヤーに大人気となる女の子の赤ちゃんの名前をご存知でしょうか?
2000年、2004年、2008年では、それぞれ、1位、1位、2位を占めたその名前は、、、

答えは、「さくら」です。日本を応援する気持ちを国花に託し、名づけたのでしょうか。
(ちなみに今の一年生にも、「さくら」さんは3名いらっしゃいます。)

図書館内にある、オリンピック関連の本を集めて、一階にコーナーを作りました。
1 オリンピック・パラリンピックを学ぶ / 後藤光将編著 岩波ジュニア
2 これならわかるオリンピックの歴史Q&A / 石出法太, 石出みどり著
3 1964年の東京オリンピック : 「世紀の祭典」はいかに書かれ、語られたか / 石井正己編
4 東京にオリンピックを呼んだ男 : 強制収容所入りを拒絶した日系二世の物語 / 高杉良著
5 オリンピック選手直伝!競技で結果を出す食事術 / 高山樹里著

次回開催までたっぷり時間もありますので、是非借りて読んでくださいね。

戸板女子短期大学 図書館

図書館
職員

戸板女子短期大学 図書館にあるたくさんの本は時間と空間を越えて未知の世界、未知の人々とあなたを結びつけてくれます。忘れられない本との出会い、忘れられない人との出会いがきっとあるはずです。そんな図書館で一日を過ごしてみるのも楽しいと思いませんか。