【図書館】辞書を使ったワークが行われました!

図書館

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
戸板女子短期大学 図書館

総合教養科目「日本語コミュニケーション(村木桂子准教授)」の授業で、図書館を利用したワークが行われました。

テーマは「辞書のいろいろ」
たくさん出版されている国語辞書ですが、みんな同じ「国語辞典」でも、それぞれ大きさも装丁も、何より中身が違います。特色ある、まさに「いろいろな」辞書たち。

図書館では、実際にたくさんの辞書を引き比べ、その違いを実感してもらいました。

今はインターネットで、何でもすぐに調べられる時代ですが、時にはこうして時間をかけて作業をする体験から、奥が深い言葉の世界を感じたのではないでしょうか。

 

黙々と辞書を引く学生たち

 

真剣なまなざし

 

戸板女子短期大学 図書館

戸板女子短期大学 図書館

図書館
職員

戸板女子短期大学 図書館にあるたくさんの本は時間と空間を越えて未知の世界、未知の人々とあなたを結びつけてくれます。忘れられない本との出会い、忘れられない人との出会いがきっとあるはずです。そんな図書館で一日を過ごしてみるのも楽しいと思いませんか。