戸板女子短期大学 スパイスカレー同好会の活動が始まりました!

ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
井部 奈生子 准教授

現在、戸板女子短期大学 スパイスカレー同好会は、食物栄養科2年生の5名で活動しています。

今年、食物栄養科の1年生3名が同好会に興味を持ってくれたので、スパイスカレー同好会の活動体験をしてもらいました!

2時間程度の活動時間でしたが、同好会の活動は貴重な学生生活の一部の時間となりました。

 

昨年度、同好会で作ったスパイスカレーです。今回は体験入部でしたので、クッキー作りをしましたが、同好会では、コロナウイルス感染症対策も考えつつ、スパイスについて学びながら、「また食べたい!」と恋しくなるスパイスカレーのレシピ考案をしていきます。

初めての顔合わせでしたが、スパイスを通した交流で和やかに調理ができました。

材料は、薄力粉、調合油(サラダ油)、牛乳、砂糖、塩、シナモン、ナツメグを使用しました。バターを使わずに調合油を利用し、「シナモン」「ナツメグ」を入れて作ったスパイスクッキーを作りました。1年生は、計量を担当してくれました。

 

クッキー型も沢山準備し、型抜きをしました。

焼き上がりが楽しみです。

焼き上がりました。スパイスクッキーに合わせて、ラッシーも作りました。

料理がいっそう美味しく見える盛り付けの工夫も料理の楽しみの一つです。器選びやクロス選びも皆で検討しながら学んでいく予定です。

食物栄養科の活動となっていますが、スパイスカレー同好会では、多様な文化に魅力を感じる国際コミュニケーション学科や服飾芸術科の学生の皆さんの参加もお待ちしております。

 

スパイスカレー同好会
顧問 食物栄養科 井部奈生

井部 奈生子 准教授

食物栄養科

「食」に携わる者として、食を提供するだけでなく、食の心をも提供したいと思っています。理論のうえに立って、具体的にどのようなものを、どのくらい、どのようにして食べてもらうのか、食事計画を通して一緒に考えてみましょう。