業界研究会を2月10日(木)に開催しました

キャリア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キャリアセンター

2月10日(木)に“戸板生を積極的に採用したいと考えている企業”32社をお招きし、
1日最大7社の説明が聞ける業界研究会を開催しました。

就活本番に向けて多くの期待と不安を抱えた多数の1年生が参加をしました。

業界研究会を開催する目的と参加のメリット

・説明会の聞き方、Web入退室マナー、質疑応答など実践できる“ 場 ”です。
・企業と接するのが怖い人にとっては慣れる練習になります。
・業界を絞るのではなく 視野を広げて世の中の仕事を知るチャンスです。
・「やりたいことが分からない」人は、まずは業界研究会で見つけるきっかけになります。
・自分の価値観作りや企業選びのポイントを理解する絶好の機会になります。

この説明会へ参加をした学生限定で、早期企業選考会への案内メールが早速届いており、突然始まった就活に戸惑いつつも「応募書類」「動画選考」「面接対策」などに向けての準備をするため、キャリアセンター主催の就活対策イベントへの参加予約が殺到しています。

ここで出逢った企業から内定を獲得する先輩が例年6割もいるので、戸板生にとっても大きなイベントです。

参加した学生の声 「業界研究会に参加してどのような感想を持ちましたか?」

・今まで数社しか説明会に参加したことがなかったので、1日で7社の企業の説明会に参加することができ良かったです。3月1日からエントリーが開始する企業もあるのでその日に合わせて準備をしていきたいと思います。

・エアライン志望でしたが、接客や英語を使った職業を中心に説明会を聞いたことで視野が広がりました。後日説明会に参加させていただく企業もでき、就活により力を入れていきたいと思いました。

・企業の方が自分の会社を誇りに思っている事がとても伝わり、私自身も誇りに思えるような企業で働きたいと感じました。出勤日の一日の流れや、入社後のキャリアアップについて詳しく知ることが出来たので良かったです。

・自分の興味のある企業だけでなく、他の業界について知ることができ、どうしてこの業界が良いのかを改めて考えることができました。

・自分が何をやりたいか、ずっと見つけられず何も手をつけられていない状態でしたが、積極的に説明会に参加してみたいと思いました。早めに内定を取れるようにしたいです。

・コロナ禍の影響で、あまり就職活動に積極的ではありませんでしたが、業界研究会で多くのことを学び大変貴重な時間となりました。

・興味がないと業界も話を聞いてみると、自分のやりたいことと合っていたので、これから様々な会社の説明会に参加しようと思いました。

・企業主催の説明会の前に、人事の方のお話を聞くことができ、貴重な時間でした。

・オンラインだったためリラックスして聞くことができました。また、今まで目を向けていなかった業界の話に面白そうだなと感じることができ、自分の中で新しい発見がありました。

ご参加いただいた企業人事の声 〔参加後のアンケートより〕」

・熱心で前向きで素敵な方が多い印象です。2つ上には負けないぞというガッツがあり、とても魅力的に感じます。実際に貴校出身のOGは負けん気が強く、それをうまく生かして活躍しています。

・熱心に説明を聞いてくださる方が多い印象でした。頷いて話を聞いたりメモを活用したりと、ご自身の就活と向き合う姿勢が感じられました。言葉遣いやビジネスマナーなど、意識して取り組んでいただくと良いかと思います。一方、学歴など会社側は特に意識しませんので、是非自信をもってください。

・入退室時に挨拶していただける方もいたり、説明している時には頷きやメモを取るなど、こちらも話しやすい環境を作ってくださいました。

・一般教養やマナーは、四年制大学や専門学校ではなかなか学べないと思いますので、そこが短大生の強みです。業界の基礎知識が浅いと悩む必要は全くありません。身のこなし、話かた、立ち振る舞いなど、短大ならではの知識習得に時間を使って頂きたいです。

・意欲のある学生様ばかりで非常に感心しました。画面オンでご参加いただけるのがとても嬉しかったです。入社してから学び、学校で学んだものを実践してくので、明るく、元気に成長してもらえたらと思います。

・積極的に質問もいただき、うなづきながら聴いていただく学生も多く、有難かったです。

今後も戸板女子短期大学 キャリアセンターは就職イベントを引き続き開催して行きます。

戸板女子短期大学 キャリアセンター

キャリアセンター

職員
キャリアセンター

戸板女子短期大学キャリアセンターのなかの人です。進路関係のイベント、おすすめ情報などを発信していきます。キャリアセンターのホームページ【キャリアWEB】はActivePortalから閲覧してください。