新しい時代のスタイルをテーマに、 廃棄衣料から全身をコーディネートするアイテムを製作

ファッションNEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高橋 佐智子講師

戸板女子短期大学 服飾芸術科では、「戸板女子短期大学#廃棄0プロジェクト」を2021年10月より開始いたしました。国内最大級のファッションリコマースサービス「ブランディア」を運営する株式会社デファクトスタンダードの2030年までに「ブランディア」のサービスから出る「廃棄0」を目指す「廃棄0プロジェクト」の第8弾です。

 

本プロジェクトでは、戸板女子短期大学 服飾芸術科 ファッションデザインゼミの学生が、ブランディアから無償提供される廃棄衣料を使ってファッションアイテムを製作し、学園祭でのファッションショーや展示を行います。取り組みの様子は当ホームページで随時報告いたします。

 

【戸板女子短期大学 服飾芸術科 高橋佐智子講師コメント】

サステイナブルファッションという言葉が社会に浸透し始め、ファッション業界における環境問題に関心を持つ人が増えています。

戸板女子短期大学ではSDGsの目標12「つくる責任 つかう責任」に関連して、ご提供いただく廃棄衣料を使用したアップサイクルのデザインを通して新しい時代のファッションデザインやものづくりの在り方を探究します。 ESMOD JAPONのご協力のもとデザイナーの岩瀬惠理先生とパタンナーの土岐幸子先生にもご指導していただき、ファッショナブルな作品作りを目指します。

廃棄0プロジェクトに取り組むことで、学生たちが衣料品の循環システム構築ついて知見を広め、これからのファッション業界で活躍して欲しいと願っております。

 

ブランディア×戸板女子短期大学#廃棄0プロジェクトの概要

特設ページ:https://brandear.jp/sustainability/remake/toita
廃棄0プロジェクト:https://brandear.jp/sustainability
プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000298.000035599.html

 

本件に関するお問い合わせ先

戸板女子短期大学 入試・広報部 澁谷まで
TEL 03-3451-8383

高橋 佐智子講師

服飾芸術科

人体形態に適合する被服設計を科学的に考え、確かな技術に基づく被服製作について研究しています。美しく、着心地の良い被服について共に学びましょう。 主な担当科目 :服飾造形1 / 服飾造形2 / 服飾造形3 / 服飾造形4 / パターンメーキング・CAD / ファッション素材論 / 伝統衣服演習 / ファッションデザインゼミ