WAO!!STYLEでウエディングサービスのインターンシップ体験

インターン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
学生ライター北原さん、高須さん

 

服飾芸術科1年の北原塔子です。
服飾芸術科1年の高須 琳華です。

今回、私達はウエディングサービスを展開しているWAO!!STYLE様で8月〜10月の2ヶ月間、インターンシップに参加してきました。
インターンシップに参加した理由から、業務内容、成長できたことなどレポートしていきます!
 
 

WAO!!STYLEとは?
それまでの人生で関わって来た大切な人達と祝福しあい、誓いの時を共にするという人生で1度の特別な時間。
「想像よりも圧倒的でした」そんな想いに絶対にさせてあげるべき人生の大切なワンシーンです。
結婚式がよかったから、これからの人生がより刺激的になったら素敵ですよね?
WAO!!STYLEは結婚式が大好きです。
圧倒的な快適性×想像を超えたエンターテイメント×楽しく幸せな空気感
WAO!!STYLEは、「!!!」な体験を提供する最高のチームです。



 
 
インターンに申し込んだきっかけ、理由
北原
実はインターンシップに参加するか締切ギリギリまで迷っていました。
先生に相談しに行った際、「募集している会社のwebサイトを見てみるといいよ」と教えてくださり、WAO!!STYLEのwebサイトを見たとき、結婚式に全員が熱い思いを持っていて、お客様の事を1番に考え、チームワークを大切にしている印象を受け、見た瞬間に「ここでインターンシップを経験してみたい!」と思いました。
 
高須
ウエディング業界に行きたいと思っていましたが、まだはっきりとやりたい仕事が見つかってなかったので、一度実際の現場に出てお仕事を経験してみようと思い応募しました。WAO!!STYLEにインターンに参加したきっかけは、WAO!!のホームページにあった、「WAO‼︎STYLEのココロ」に感銘を受けました。
そこでWAO!!STYLEのインターンに参加すれば「きっと成長できる!」と強く思い、申し込みをしました。
 
 
WAO!!STYLEでの初めての顔合わせ
北原
顔合わせの際、関西出身の方が多く、関西弁を聞くのがとても新鮮でした。
初めは凄く緊張をしていましだが、とてもフレンドリーに話してくださり、おすすめのオムライス屋さんを紹介してくださいました!
また、フロアマネージャーの藤田啓輔さんとお会いし、笑顔で握手をしてくださり、周りにいた方もとても明るく歓迎してくださいました。
制服採寸の際は、ウエディングサービスは時間との戦いだから、5分で着替えてみてと伝えられ、それだけでギリギリでしたが、
今では5分で着替えられるようになりました!
 
高須
正直、初回はとても不安でした。
「ちゃんとできるかな、周りの人は怖いかな」など、余計なことばかり考えていました。
しかし、お会いした瞬間、そんな不安は一瞬でなくなりました。
関西出身の方が多く沢山笑わせてくれて笑顔で私たちを迎えてくれ、丁寧に説明をしてくれたので、これからのインターンが楽しみになりました。
 
 
インターンシップの業務内容
北原、高須
婚礼や宴会でのお客様へお料理とお飲み物をお出しする事
アレルギーヒアリング、スポットライト、チェアサービスやお荷物の返却
次の日のセットなどを経験させていただきました。
沢山の経験をさせてくれたWAO!!STYLEの皆さんにとても感謝しています。


 
 
とにかく大変だったこと
北原
ミスが許されない事です。
婚礼中は、全てにおいてミスは許されませんがアレルギーヒアリングでは何か1つでも間違えてしまうと命の危険性があることが1番怖かったです。
そして、周りの方々について行くのに必死でした。
私が乗り越えられたのは周りの方の時に厳しく、時に優しい声がけがあったからだと思っています。
1人じゃなくて仲間と一緒に頑張る、WAO!!STYLEは1人1人が仲間を大切にしていました。
1人で出来ることが増えていくにつれて、もっと色んなことに挑戦しようと思うことができました。
 
高須
婚礼はとても忙しいので、何をやるにも急ぎ足でお料理を運ぶのに人とぶつからないかなと常に気を張っていないといけないのも大変でした。
それでも、お客様の笑顔のためなら大変なことも楽しいと感じました。
WAO!!STYLEで働いている皆さんは、どんな時でも笑顔なんです。
私もちょっと忙しいなと思ったくらいで大変なんて思ったらダメだな、もっと頑張らないといけないと思わせてくれました。


 
 
特に学んだこと
北原
お客様1人1人をよく見て判断し、適切な対応をする事が大切だと感じました。
ある婚礼で「遺影」をテーブルに置いている親族の方がいらっしゃいました。
自分では周りに目を向け行動しているつもりでしたが気づけず、上司の方にグラスを置くように教えてくださった際に、自分で気づけなかったことがとても悔しくて、自分がしっかり目を配れていなかったことを実感しました。
お客様から言われなくても「こうしたらいいかな」と考えるようになり、先を見据えて行動する力がつきました。
当たり前の接客に思いますが、いざお客様の前に立つと、1つのことに集中してしまい最初の頃は周りが見えていませんでした。
小さいことですが、こういった積み重ねが本当に大切だと実感しました。
 
高須
「お二人のために」、そして「お二人のゲストのために」一生懸命になれる気持ちが大切だなと感じました。
WAO!!STYLEでは、最後新郎新婦のお二人が帰られるときに「〇〇さん〇〇さんお幸せに!」とサービススタッフ全員で言うのです。
そのようなおもてなしはとても素敵だと感じました。
また、婚礼はとても忙しいです。
それでもに常に笑顔で最高のおもてなしをしている姿を見て、最高峰のホスピタリティを学びました。
そして、この仕事は本当に責任を持つことがすごく大切だと感じました。
絶対に失敗できないため、自分がやること全てに責任を持つことが大切だと学びました。



 
 
今後に活かしたいこと
北原
私はフロアマネージャーの藤田啓輔さんの元でインターンシップを経験させて頂きました。
啓輔さんは何か教えてくださる際、お客様の立場になって教えてくださり、サービスをしている姿を見る度に毎回圧倒されました。
WAO!!STYLEの皆様にはとても素敵な環境でインターンシップを経験させてくださったことに感謝しています。
また「責任感」と「仲間がいるありがたさ」をこのインターンシップで実感しました。
自分の行動や言葉に責任を持ち、日々の生活や就職活動に活かしていきたいです。
 
高須
今回WAO!!STYLEでインターンシップを体験し、初めてウエディングのお仕事に触れ、大変さも楽しさも学びました。
また、サービスの経験をさせていただく中で、責任力が身についたと実感しています。
今後、色々な事に挑戦していく中で、最後まで責任を持ってやり抜きたいと思います。
そして、今回学んだことを今後の就職活動に活かしていきたいです。
 
 

 
服飾芸術科1年 北原塔子
服飾芸術科1年 高須 琳華

学生ライター北原さん、高須さん

服飾芸術科

学生ライターの北原&高須です! 2人の共通点は・・・ ・身長162センチ!! ・ウエディング業界希望 ・埼玉県出身 短い学生生活、いろいろな事に挑戦していきます!