ホテルグレイスリー田町 朝食ビュッフェ開発(前編)

企業プロジェクト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キャリアセンター

 

戸板女子短期大学 食物栄養科の学生7名がホテルグレイスリー田町インターンシップに参加しました。

 

 

インターンシップ プログラム内容

「30代女性をターゲットにした
朝食スイーツメニュー開発プロジェクト」

比較的男性宿泊客が多い、ホテルグレイスリー田町。
朝食スイーツを充実させ30代女性宿泊客を更に増やすことを目的としたプロジェクトです。
 
スケジュール
8/2(火)〜5(金)
ホテルグレイスリー田町の朝食体験
まずは、ホテルグレイスリー田町の朝食を実際に体験し、朝食の良かった点、改善点をリストアップしていきます。
 
8/5(金)、12(金)
オンラインミーティングでテーマ、コンセプトの策定
30代女性をターゲットにした「朝食スイーツメニュー」を3グループに分かれて検討していきます。
他社ホテル、レストランのメニューもしっかりと研究していきます。
 
〜8/19(金)
メニューアイテムのレシピ検討
各グループで個別にメニューアイテムのレシピ検討や必要な材料を準備します。
 
8/23(火)
試作(1回目)
 
8/26(金)
試作(2回目)
 
8/31(水)
ホテルグレイスリー田町の方を招いた試食会、メニュー提案プレゼンテーション
 
 

8/23、26日は、各グループで考えてきたテーマ、コンセプトを元に実際に試作を行いました。


 
 
試作したものは教員や他のメンバーにも試食してもらい、フィードバックをもらいました。
フィードバックの内容を元に再度試作を行い改善していきます。

 
 
そして、いよいよ8/31(水)
ホテルグレイスリー田町の方を招いてのコンセプト発表、試食会を開催。
 
Aグループのメニュー提案
「はちみつ、アーモンド、オートミールを使ったヘルシーティラミス」
甘いものを食べたい! でも健康でいたい!
そんな忙しい30代女性のニーズに合わせた低カロリーで、かつボリューム感があり満足してもらえるスイーツです。


 
Bグループのメニュー提案
「オレンジカードのフォンダン」
女性に人気のフォンダンショコラのオレンジバージョンです。オレンジに含まれるビタミンCには免疫力の向上や美白作用があるため喜ばしい効果があります。沢山のオレンジ皮を加えているので香りが楽しめます。オレンジの香りにはリラックス効果もあるため気持ちの良い朝食が味わえると思います。見た目はオレンジの果肉とミントを乗せて写真映えもします。


Cグループのメニュー提案
「ベイクドレモンチーズケーキ〜ブルーベリーを添えて」
最後の晩餐をテーマに、これが人生最後の食事でも絶対に公開させないビジネスホテル朝食ビュッフェメニューに仕上げました!
ビタミンCが豊富なレモン、カルシウム豊富なチーズ、そして腸に優しいブルーベリー。
健康にも良いことづくしです!


 
 
ホテルグレイスリー田町の方も各グループのプレゼンに熱心に聞いて頂き、どのグループのメニューも高評価を頂きました。
現在、ホテルグレイスリー田町の料理長より、
第1弾…オレンジカードのフォンダン
第2弾…ベイクドレモンチーズケーキ〜ブルーベリーを添えて
第3弾…はちみつ、アーモンド、オートミールを使ったヘルシーティラスミス
1か月に1種類ずつ、3か月連続のメニュー化で考えて頂いており、9月下旬にホテル側と打ち合わせを予定しています。


 
 
以下、参加した学生たちのコメントです(一部抜粋)
 
「実際にホテルの朝食ビュッフェを試食した上で課題点を出し、ターゲットやコンセプト・テーマにふさわしい案を考案し各グループで出し合いました。
計2回の試作を経て、試行錯誤しながらなんとか完成をさせることができホテルの方にも食べていただき、無事に今日インターンを終了させることができました。
案を出すだけでなく試作を重ねることで、実際に調理して気づくことや味の改良すべき点、どうすればより効率よく提供することができるのか深掘りをすることができます。
このように一度作る側に立つことで表面的なことだけでなく内面的なことまで知ることができるので、とてもいい経験になったなと感じています。
また、試食をした感想を間近で聞けるという点からは率直な声を聞けるため、素直に受け止めやすくどこがいけなかったのかをすぐに知ることができました。
同じグループの友人ともどこをどう改良すれば良いのか、少しでも良くしたいという思いから何度も話し合いました。
このような形で商品開発の経験ができて大変やりがいを感じています。
はじめは何もかも分からず手探り状態でしたが、最後まで楽しみながら無事に完成させることができてとても嬉しかったです。
またこのような機会があればチャレンジしてみようと思います。」
 
「ホテルの朝食メニューを開発させていただけるというのは大変貴重な機会ですし、良い経験になりました。
実際に朝食を食べさせていただくところから始まり、ただ食べるだけではなくどのようなところを改善していく必要があるか、新たな客層をどうしたら取り込めるのかなど様々な観点から考えることがあり商品開発の難しさを感じました。
それと同時に食べてくださる方が笑顔になるというやりがいも感じました。
私自身、体調不良で試作に参加できず少し悔いの残るインターンシップにはなってしまいましたが、学べることがとても多くあり就職先を考える良い一歩になりました。」
 
「今回、ホテルグレイスリー田町さんの朝食ビュッフェを考案するにあたり、まず実際に朝食を食べさせていただきました。そこで、健康に気を遣っているようなポップなどが見られ、私たちが考案するデザートも様々な良い効果があり、なおかつ見た目も鮮やかなものを作れたらと考えていました。
試作をしてみると見た目や、実際にホテルで出す時の作りやすさなどの課題が出てきました。
グループのみんなで話し合って完成することができました。
貴重な体験ができて良かったです。」
 
「今回ホテルグレイスリー田町様での、インターシップでは、朝食ビュッフェのデザートを考案することを課題に参加させて頂きました。
商品を企画する上で、ホテルの朝食を実際に食べてみての感想や、他社を調べてみて、どうしたら女性のお客様や、他のお客様が増えるのか考え、知ることが出来るインターシップでした。
授業での産学連携とは違った形で、商品の企画や、提案をさせて頂き、より今後の就活に向けて、自分の実になるような経験ができたと思います。」
 
「今回のインターンシップでは、やりたいことがたくさん浮かびました。
しかし、やりたいと思って考えた案が、100%で実現されることは難しく、厳しいことであるということを痛感しました。
何事も簡単にうまくいかない時こそ、自分の力が試されると思うので、豊富な知識と自主性を兼ね備えた人間になれるよう成長したいとインターンシップで思いました。」
 
「インターシップに参加して自分の成長につながりました。
ホテルについてたくさん調べてどんな工夫がされているかを学べることができました。
グループで協力して考えた商品を形になっていく過程が楽しかったです。
そして商品の良さをプレゼンテーションすることで自信にもなりました。」
 
「今回初めてビジネスホテルの朝食ビュッフェのデザートを考えるというのをやってみました。
まずホテルグレイスリー田町に実際に朝食を食べに行き、ライバルホテルについて調べ、そして実際に考えるとなった時、ターゲットを20代後半から30代前半の働く女性と設定ししました。
ターゲットは私たち学生と生活スタイルが違うため、働く女性について調べる調査から出来て商品開発の流れを体験することが出来て良かったです。
ターゲットに合わせ、ニーズに合わした商品を開発することの難しさを経験することが出来ました。
いつか、私のグループや他のグループの考えたものが実現し朝食ビュッフェに並ぶと嬉しいです。」
 

 
 

この件に関するお問合せ先

戸板女子短期大学  キャリアセンター まで
TEL 03-3452-4155

キャリアセンター

職員
キャリアセンター

戸板女子短期大学キャリアセンターのなかの人です。進路関係のイベント、おすすめ情報などを発信していきます。キャリアセンターのホームページ【キャリアWEB】はActivePortalから閲覧してください。