戸板×コロワイドMD 学食メニュー開発プロジェクト(後編)

企業プロジェクト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キャリアセンター

 

戸板女子短期大学 食物栄養科の1年生13名が3日間のコロワイドMDインターンシップに参加しました。
今回は、インターンシップ最終日の様子をレポートします。

【学食メニュー提案】戸板×コロワイドMD インターンシップ(前編)の記事はこちらから

 
 

 
コロワイドMDとは?
飲食業界の売上4位を誇る大手外食チェーン、コロワイドグループの商品開発・調達・製造・物流などのバックヤード業務を支える要として、グループのマーチャンダイジングの中枢を担当する企業です。
 

 
 

インターンシップ プログラム内容

「全国の学生の心を掴む学食ハンバーグメニューを提案せよ!」
給食事業も展開しているコロワイド。
大学の学食で学生の心を掴むハンバーグメニューを3グループに分かれて提案していきます。
 
 
スケジュール
最終日(9/9)  考案したメニューの調理、メニューのプレゼンテーション
2日目のインターンシップから、約1週間。
この期間で各チームはメニュー企画をブラッシュアップして最終日に臨みます。
最終日の会場は、戸板女子短期大学。
完成したメニューのプレゼンテーション、そして企画したメニューを調理してコロワイドMDの審査員に召し上がって頂きます。
審査は、コロワイドMD代表取締役社長の磯野健雄様、取締役、経営企画室室長大木涼子様にご担当頂きました。
 
まずは、各チームが考えぬいた企画を10分間で審査員にプレゼンテーション。


 
 
プレゼンテーションが終わると、企画したメニューを1時間で調理し、審査員の方々に召し上がって頂きました。





 
 
審査の結果…
各チームの受賞結果は…
 
 
最優秀賞 Cチーム
「ガーリックタルタルライスバーガー」
学生に嬉しい500円のワンコイン価格で提供。「ステーキ宮」の工場で製造されているハンバーグパティの仕様を想定しました。
バンズはお米を使用し満足感をアップし、濃厚タルタルソースを贅沢に使いました。


 
 
特別賞 “持続可能で賞” Bチーム
「ハーブバーグ丼」
テーマは、写真映え×満腹ランチ
10代、20代の食べ盛りな学生をターゲットにボリュームたっぷりで、学食なのに映えるメニューを考案しました。
”丼”にすることで、ハンバーグの存在感を発揮し、ボリューム感をしっかり出すことで、お客様の満足感アップを狙います!


 
 
特別賞 “儲かるで賞” Aチーム
「おとなさまランチ」
世界一可愛いビジュアルで健康に良い栄養素が詰まっている食材を多く使用した「おとなさまらんち」。
健康効果や美肌効果も期待出るメニューに仕上げました。
工場で製造されている製品を多く使用することで食品ロスにも貢献します。


 
 
各チームのプレゼン、試作を通して、コロワイドMDの磯野健雄社長からは、全チームの企画に太鼓判を押していただきました!


 
 
以下、参加した学生たちのコメントです(一部抜粋)

「授業内の産学連携プロジェクトでコロワイド様とコラボさせていただいたことをきっかけに、今回のインターンシップに応募しました。
学生時代に会社の雰囲気や理念、目標、課題などについて触れられたことは、就活の面だけではなく今後の人生においても大きな収穫だったと思います。
また、今回は学食のメニュー開発もさせていただき、商品を生むことの難しさ、楽しさを肌で感じさせていただきました。贅沢すぎる。
この一言に尽きるインターンシップでした。協力いただいたコロワイドMD様、そして戸板の先生方に感謝です。心から楽しむことができました。」

「高校生の頃から将来商品開発系に進みたくて今回コロワイドさんのインターンシップに参加しました。
初めはメニュー開発に関して楽しみが1番強かったです。1日目は工場の見学をしました。
なかなか見られない大きい機械や肉や野菜を加工する所を直接目で見ることができ貴重の機会でした。
2日目の班のみんなとメニュー開発をしてる時にメニュー開発に関して新たな思いができました。
私たちはこうしたいと1回考えた案が現実では工程を少なく作れるか、売価が高いなど沢山悩む所もあり実際経験してとても難しい職業だと感じました。
ですが3日目でプレゼンもうまくいき料理も班のみんなと協力して美味しくできたので最高のインターンシップでした。
参加して沢山経験して本当によかったです。」

「今回インターンシップに参加して本当に良かったと思っています。
実際にお話を伺ったり工場を見たり自分たちでレシピ案を作成して料理を作るといったことは本当になかなか経験できないことだと思います。
レシピ案作成では自分たちが考えていることがそのままできる訳ではなく、効率や儲けなど大切になってくることがとても多くあり大変な作業だと感じました。
多くのことを学び、仕事の大変さそして様々な楽しさを知ることが出来ました。貴重な体験ができて本当に良かったです!!」

「今回コロワイドMD様でのインターンシップでは、学食メニューを考案するなどいろいろな体験をすることが出来ました。
普段学生ではできないような、メニューを考案しプレゼンをして実際に作るという所までをすることが出来、自分が思ってる以上に難しいことを知ることが出来てすごい貴重な体験だと思いました。
今回のインターンシップに参加出来て現在の外食産業のことやフードロス問題のことを知り、色々なことを吸収できた3日間でした。すごく楽しかったです!」

「私は戸板女子短期大学に入ったら、挑戦を続けると決意し、今回のインターンシップもどんなに結果になっても一生懸命取り組んで、挑戦した意味のある経験にしようと考えていました。
工場見学等では普段見ないような実際の現場や従業員の方々の雰囲気を感じ、コロワイドMDさんのお客様と従業員を大切にする考えに感激致しました。また、
大量生産のためだけではなく、食品ロスや人件費を考え工場で様々な食品を作っていらっしゃって、全てのことに深い背景があることに驚きました。
そして、先のことを見据え、お客様と従業員を大切にしつつも儲けられる商品を考えるのは本当に難しいことだと思いました。
今回経験をしたことを活かして、コロワイドMD様のような背景をしっかり持ってお客様にも喜んでもらえる、そして環境にも配慮した商品を開発できるよう精進していこうと思いました。」

「商品を作り出すということは、その全ての工程に携わることだと知り、実際に経験することで、その難しさを学ぶことができました。
緊張感のある中で、プレゼンテーションや調理を行い、評価して頂くことは初めての体験であり、自分を大きく成長させるものでした。
頂いたフィードバックをもとに、チームで協力し試行錯誤してきた結果を、最優秀賞という形で評価していただけたことがとても嬉しく、自信に繋がりました。
貴重な体験をさせて頂き、本当にありがとうございました。」

「今回このインターンシップを通して商品開発の難しさや、やりがいを学ぶことが出来ました。
私達が何気なく食べている食べ物は食品ロス、フードマイレージなど様々な問題が背景にあるという事を知る良い機会になりました。
実際に工場へ見学に行きどのようにして食材が加工されているかから本社の中でのグループワークなど普段出来ない貴重な体験をさせて頂きました。
3日間という短い期間での学食メニュー開発でしたがグループ内で協力し本番では美味しく完成させることが出来ました。」

「インターンシップと聞くと、私のように重苦しく感じてしまう方もいるかもしれません。
しかし、コロワイド様のインターンシップは予想以上に楽しいものでした。
また、3日間の中で学べることはインターンシップの中だけでの活用だけではなく、物事の捉え方を良くする思考さえ芽生えさせることができました。
これらの事から本当にこの、””株式会社コロワイド”” 様のインターンシップに参加することができて良かったと思えています。
ご縁があれば是非またお話をお聞きしたいです。」

「最初は工場見学からのスタートでした。
職場の雰囲気や仕事のしやすさに感動しました。メニュー開発というものは、ただ自分が作りたいものを開発するのではなく、自分たちの知らないところで、たくさんの人の努力が積み重なってあることを知り、こうゆうことはコロワイド様とインターンシップをやらせていただく機会がないと分からないことだったのではないかと思います。
本当に素晴らしい経験をすることができました。ありがとうございます。」

「今回コロワイドのインターンに参加して仲間と協力したり自分でも考えたりする力が身についたなと思いました。
企業の方から厳しいご指摘も頂いたりしましたがそれをどう改善するかをみんなで話し合ったりすることでよりいいものが作れたのではないかと思いました。
今回の経験を生かしてこれからのことにも繋げていきたいです。」
 
 

 
 

この件に関するお問合せ先

戸板女子短期大学  キャリアセンター まで
TEL 03-3452-4155

キャリアセンター

職員
キャリアセンター

戸板女子短期大学キャリアセンターのなかの人です。進路関係のイベント、おすすめ情報などを発信していきます。キャリアセンターのホームページ【キャリアWEB】はActivePortalから閲覧してください。