幻の豚肉 TOKYO X 豚の芳醇包み レストランメニュー開発しました

食物栄養かわらばん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
川嶋比野 准教授

戸板女子短期大学 食物栄養科では、4年ほど前から株式会社ミート・コンパニオンと産学連携をしております。

ミート・コンパニオンは、TOKYO Xという銘柄豚を畜産から加工、販売まで行っており、さらに消費者に直接味わっていただけるよう、自社でレストランも経営しています。

その一つがDANRAN亭 鉄板バルです。

 

今年度も、フードコーディネート論で、約100名の学生が以下のテーマをDANRAN亭鉄板バルから課題としていただき、新メニュー提案に挑戦しました。

 

こちらが出来上がった動画…

ミートコンパニオンさんのYouTube動画がアップされましたので、ぜひご覧ください!

 

・TOKYO Xまたは和牛を使い、メイン料理・サイドメニュー・サラダでもOKなので新メニューを提案してください。

・女性客を増やしたいので女性受けの良い料理を考えて下さい。

・季節限定でなく、通年提供できるメニューが良いです。

・女性がSNSやインスタでお店名を広めてくれそうな盛り付けのインパクトがある料理を考案して欲しいです。

 

学生が提出したレポートは、全てDANRAN亭 鉄板バルのスタッフの方々に見ていただき、ユニーク賞1つ、アイデア賞1つ、優秀賞2つをいただきました。

その中で、もっともお店のスタッフの方からの評価が高かったのが 豚の芳醇包み です。

 

現在、緊急事態宣言の影響でお店が臨時休業しているため、すぐにメニュー化は出来ないのですが、ミート・コンパニオンのご厚意で、シェフに提案したレシピをお店で再現して調理していただき、提案した学生本人と私川嶋で試食させていただきました!

 

豚の芳醇包みは、耐熱フィルムを使った新しい調理法で、お客様の目の前でフィルムを開けると湯気が立ち上り、TOKYO Xの旨味の詰まった香りが辺りに漂いました。

短時間でさっと蒸し焼きしたお肉は信じられない柔らかさで、脂身の甘味が口に広がり、最高に美味しい一品でした。

 

店長にも絶賛していただき、提案した学生はとても喜んでいました。

以下、学生本人からのコメントです。

自分が考えたものを皆様が美味しいと言って食べてくれたのがとても嬉しかったです。
このような機会を頂けたことをこれから将来の励みにしていきたいと思います。
また、お店の方々にも親切にしていただいてとても楽しく過ごすことが出来ました。
後日YouTubeや戸板のHPに記事があがるのを楽しみにしています。

 

今回お店で調理、試食した様子は、後日ミート・コンパニオンのYoutubeチャンネルに公開される予定です。

 

もちろん戸板女子短期大学HPでも紹介していきますので、皆さまお楽しみにお待ちください。

 

 

戸板女子短期大学 食物栄養科
川嶋比野

川嶋比野 准教授

食物栄養科

実習では包丁の持ち方や洗米の仕方から教えますので調理初心者でも心配ありません!まずは調理の楽しさと美味しいと言ってもらえる喜びを覚え、調理を好きになりましょう。「好きこそ物の上手なれ」です。料理には、人を幸せにする力があります。 調理学 / 調理学実習1 / 調理学実習2 / フードコーディネート論/食育演習 / 食物栄養科ゼミナール