株式会社ストライプインターナショナル 1DAYインターンシップに参加しました。

インターン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キャリアセンター

 

2022年8月31日(水) 戸板女子短期大学の1年生13名が
earth music&ecology などのファッションブランドでお馴染みの「株式会社ストライプインターナショナル」
の1DAYインターンシップに参加をしました。
 
 

 
まずは人事部の小守さんから、「株式会社ストライプインターナショナル」に関する会社概要のご説明と会社の経営理念である『セカンドファミリー』の考え方についてのご説明をいただきました。
経営方針の中にある”スタッフドライブ=社内、社外関係者の心に高揚感を生み出す運営を実行する”ことで、社員同士で信頼関係を構築していく工夫や大切さを学び、お客様はもちろんのこと、社内で働くスタッフも同様に大切にする会社であることを学びました。
 

 
次にアパレル業界のお仕事について。
自身をショップ店長の立場と想定し、競合他社よりも多くアイテムを売るための販売促進について、店舗で商品を売るための店舗運営や戦略等の施策をみんなで考え、話し合い発表しました。
 

 
ここからは、実際に4〜5人でグループを組んで全員参加型のワークショップ形式。
ワーク①では実際に店頭で売れるコーディネートを提案する「VMD」体験を実施。



 
ワーク②ではお客様の購買心理を考える「接客」について考えました。
お客様が商品購入する際のプロセスを8段階に分け、それぞれの段階でどのようなアプローチが効果的かを考えるワーク。



 
説明やワークショップ終了後、普段は関係者以外立ち入ることのできない本社オフィスの見学ツアーを実施。


オフィス内は部署ごとの垣根がないオープンスペースが広がり、働いている社員同士の意見交換や交流が飛び交う、エネルギッシュな空間で、参加した戸板の学生もそのエネルギーに圧倒されていました。
また、社員同士でアイデアの話し合いができるフリーカンバセーションスペースも。
その部屋では、黒板やリクライニングチェアなど通常の会議室とは異なり、リラックスした環境で未来について語り合う場所として設置されているそうで、まさに目の前の部屋でアパレル業界の未来が創られたのだと、参加者一同感動しました。


 
 
以下、学生たちのコメントです(一部抜粋)
 
「アパレル業界について授業で習っていましたが、お客様の心理を考えた接客の仕方を実際に販売スタッフだった方からお話を聞くことができて、とても勉強になりました。
実際に売れるコーディネートや、お客様への声のかけ方を考えた経験がなかったので、これから販売スタッフを目指す上で是非とも参考にしたいと思いました。
今回の経験をこれからの就職活動に活用していきたいです」
 
「VMD体験では紙状で服のコーディネートを組んで季節や競合ブランドと差をつけることを意識して取り組むことができました。
アパレル接客のワークでは自分が販売員としてどう行動し、お客様に声をかけるなどの購買心理8段階を学びました。」
 
「授業で習った言葉が何度も出てきて、アパレルの現場でも専門用語は重要だと改めて気付きました。
実際に働いている方や普段見ることのできない裏側を知ることができて貴重な体験をさせていただきました。」
 
「アパレル接客では、2つの場面での接客をグループで考えました。
その場面に合う接客を考えるのが、思っていたよりも難しかったです。」
 
「今回の体験でお客様にお声がけをするタイミングや順番が重要だとわかったので、今後のアルバイトなどの実践に活かしていきたいです。」
 
「今回の本社見学を通して、授業で学んだこと以外の社会に出てから学ぶことのできる内容を詳しく聞くことができ、よりアパレルの仕事を理解することができました。
会社内の見学でプレスルームを見せていただけて、まだ販売されていない新作の商品を先に見ることができ、とても貴重な体験をすることができました。」
 
「グループワークで実際に販売員になったつもりで考えてみたり、テレビ等でしか見る機会のない本社内部の働く様子を見ることができるなど貴重な体験ができました。
さらには、プレスルームでは店頭に並ぶ前の商品やECサイト用の撮影現場などを見ることができ、見学会に参加して本当に良かったです。」
 
「滅多に本社見学は出来ないため、とても貴重な体験でした。
いざオフィスに入ってみると沢山の方がお仕事をされていて、お話を聞くと、企画・デザイナー、MD、DB、VMD、プレス、販売促進、EC、人事の沢山の役職があることがわかりました。
またオフィスを見ると各役割の方が協力して話し合っていてコミュニケーション能力がないとやっていけない業界だなと感じました。」
 
「ストライプインターナショナルが大切にしている「セカンドファミリー」の考え方である関係があれば結果が生まれ、お互いを考える大切さがあることがわかりました。
私はアパレルの販売員のアルバイトをし始めたばかりなので、今回学んだ「販売心理8段階」をアパレル接客で活かしていきたいなと感じました。
貴重な体験をありがとうございました!」
 
「ストライプインターナショナルの経営理念である「セカンドファミリー」という考え方、運営方針の中にあるスタッフドライブなど、社員同士で信頼関係を築くことを大切にしている事が素敵だと感じました。
実際に働いている方達が、明るくお仕事をされている事が2時間の会社見学の中で伝わってきました。
私もこのような素敵な雰囲気の会社で働きたいと感じました。
また、プレスルームの見学では店頭には出ていないAWの新作を見学させて頂き貴重な経験になりました。
お忙しい中、会社見学をさせて頂きありがとうございました。アパレル業界で働きたい気持ちが深まりました。」
 
「今回実際に本社に行って仕事をしている方の姿を目の当たりにして、初めて見る光景にすごいかっこいいなと思いました。
ストライプインターナショナルで取り組んでいるこだわりの部分も聞けて、ファッション以外にも飲食関係などにも関わりがあるということを知り、幅広く活動しているんだなと驚きました。
今回見学会に参加して、沢山のことを踏まえ考えながら案を生み出したり戦略を作っていくことの大切さを改めて学びました。」
 

 
 

この件に関するお問合せ先

戸板女子短期大学  キャリアセンター まで
TEL 03-3452-4155

キャリアセンター

職員
キャリアセンター

戸板女子短期大学キャリアセンターのなかの人です。進路関係のイベント、おすすめ情報などを発信していきます。キャリアセンターのホームページ【キャリアWEB】はActivePortalから閲覧してください。