airCloset インターンシップに参加しました(後編)

インターン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キャリアセンター

戸板女子短期大学 服飾芸術科のファッション業界を
志望する1年生3名が、airClosetインターンシップに参加しました。

インターンシップ プログラム内容

業界でのキャリアの可能性を広げる
新たな選択肢「パーソナルスタイリスト」の魅⼒を体験︕

 
インターンシップは、全5日間の実施。
Day1〜Day4では、パーソナルスタイリングのインプットや実際のお洋服を使ってのパーソナルスタイリング体験、
オンラインパーソナルスタイリングの実践を行い、学んだ内容をエアークローゼット全社会議で発表しました。
 
Day1〜Day4「airCloset インターンシップに参加しました。(前編)」の記事はこちらから
 
最終日のDay5では、
「仲間へ学んだことを共有」をテーマに、戸板女子短期大学 服飾芸術科の授業内で約70名の同級生に向けて、インターンシップの成果をプレゼンテーションしました。
 
授業では初めに株式会社エアークローゼット代表取締役社長 兼CEOの天沼 聰様より、

株式会社エアークローゼットについて
エアークローゼット立ち上げのエピソード
パーソナルスタイリングとは? サービスに込めた想い
今後のビジネス展開について

など経営的な視点でお話しを頂きました。
 


その後、執行役員 兼パーソナルスタイリンググループ長の月原 優子様より、
今回のインターンシップの目的や内容について詳しくお話し頂きました。


airClosetへの理解、インターンシップ内容への理解を深めた上で、
いよいよairClosetのインターンシップに参加した3名の学生によるプレゼンテーション。
70名の同級生を前に緊張しながらも、4日間で学んてきたことを精一杯プレゼンテーションしました。


 
以下、授業に参加した70名の学生たちのコメントです(一部抜粋)
 
「エアークローゼットの名前はとても有名で、ある程度どんなことをしているかも知っていましたが、授業を通してどのような考えや思いで新しいことへ挑戦し続けているかを知ることが出来て、とても新鮮な気持ちで授業を聞けました。
洋服のサブスクなどはいろんな企業が始めていますが、エアークローゼットが1番になる理由がわかりました。
会社の人がみんな洋服が好きなのはもちろん、個性を大切にしていたり新しいことや人とは違うことを大切にされていると思いました。」
 
「ファッションでワクワクを届けたいというお話がとても素敵でした。
忙しい女性のために、なるべく時間をかけないようにスタリイストや返却期限を設けなかったりと、本当にお客様第1の考えで、とても工夫されているんだと思いました。
また、お客様からのフィードバックを貰っていると聞いて、とても素晴らしい取り組みだと感じました。」
 
「今回の講義でairclosetの企業理念や求めるものなど詳しく知ることができました。
会社の目指しているものや求めるところがしっかりとしていると、夢や目標が実現に近づくことがわかりました。
また、インターンシップで行ったパーソナルスタイリスト体験のプレゼンを聞いて、とてもこの職業に興味を持つことが出来ました。
大変さややりがいなどより深く聞くことが出来て、とても勉強になった90分間でした。」
 
「今回説明を聞いて、心に残ったことがたくさんありました。
この会社を作るときに決めたコンセプトが、”ワクワクが空気のように当たり前になる世界へ”と知り、このワクワクが軸になっているんだなと感じました。
そして、お客様の特徴を捉えて、どの層にどんなものを提供するのが良いかをしっかりと計画立ててから行動していくことが成功に繋がると学びました。
このように目標、目的を明確にしてから、しっかりと準備していくことにより、良い結果が出ると思うので、私も何事にも諦めず進んでいこうと思いました。」
 
「今日の講演を聞いて、エアークローゼットとスタイリストという職業にとても興味が湧きました。
エアークローゼットの経営理念や業態を聞いて、とても便利で私も活用してみたいと思いました。
また、スタイリストという職業があることを知ってとても気になりました。
今後、詳しく調べてみようと思います。
とても貴重な機会をありがとうございました。」
 
「ファッション業界の新たな一面を知ることができ、新鮮でとても興味を持ちました。
時間の価値を大切にしていて、忙しい女性にとって魅力的であると思いました。
これまでにない感動する洋服と出会え、ワクワクを体験できるのが素晴らしいと感じました。
会社内ではニックネームで呼び合うなど、仲が良く楽しい雰囲気が伝わり、エアークローゼットという会社にとても魅力を感じました。」
 
「この時期になってもインターンシップというものがよく分からず、参加したいけど、どのような事をするのか?どのようなものを得ることが出来るのか?など疑問で一杯でした。
しかし、身近な友達が参加していることを知って、今後は自分から調べて参加してみようと思いました。
また、パーソナルスタイリストは私が戸板に入学しようと思ったきっかけでもあるので、さらに知りたいと思いました。」
 
「あまり洋服レンタルについて、知らなかったので新しいことを学べました。
いろんなことにチャレンジしていて、すごてく魅力的な企業だと感じました。」
また、学生3人のプレゼンを聞き、驚きました。
みんなの前で堂々と話していて素晴らしかったです。」
 
「元々インターンで行きたいと思っていた企業だったので、どのような事が経験できるのか知れて良かったです。
仕事内容にとても興味を持ちました。
またインターンに参加した3人の友達が頑張っている姿をみてモチベーションにも繋がりました。
とても勉強になりました。」
 
「エアークローゼットの話や戸板生のプレゼンを聞いて、難しいことには変わりないけどやりがいのある仕事だと改めて思いました。
社長のお話にあった、”お客様のご満足頂いたコメントや笑顔を見るとこれからも頑張ろうという気持ちになれる”というところは、スタイリストのお仕事だけでなく沢山の仕事にも関係してくるので私も就職先ではたくさんの人を笑顔にさせたいと思いました。」
 
参加した3名の学生にとって、アルバイトでは得られない、かけがえのない経験になりました。


 

この件に関するお問合せ先

戸板女子短期大学  キャリアセンター まで
TEL 03-3452-4155

キャリアセンター

職員
キャリアセンター

戸板女子短期大学キャリアセンターのなかの人です。進路関係のイベント、おすすめ情報などを発信していきます。キャリアセンターのホームページ【キャリアWEB】はActivePortalから閲覧してください。