NECライベックス 2DAYSインターンシップに参加しました。

インターン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
学生ライター腰塚さん

 

2022年8月24日、25日 戸板女子短期大学 食物栄養科 1年生12名が、
NECライベックスの2DAYSインターンシップに参加しました。

 

 
戸板女子短期大学 食物栄養科 腰塚未彩です。
株式会社NECライベックスで8月24日、25日の2日間、インターンシップをさせていただきました。
 
株式会社NECライベックスは、NECグループを中心とした福利厚生、オフィスビジネス等の食堂や学校給食サービスを行っている会社です。
 
今回のインターンシップは、NECライベックスの方からの講義、グループワークを通して、学校給食や大量調理の理解を深めることを目的としています。
学んだ内容のプレゼンテーションや戸板出身の卒業生社員との座談会も行いました。
 
まず、現場で実際に働いていた社員の方からの講義では、学校給食・大量調理に関わることを中心に納品された材料の分け方や発注数の計算、大量調理の業務の特徴や注意点など たくさんのことを教えて頂きました。
 
グループワーク・発表では、講義で学んだことをもとに実際に仕事で行う調理業務作業工程表の作成を体験しました。
調理業務作業工程表とは、献立ごとに調理作業の手順、時間及び担当者が記載されたものです。
調理のできあがり時間から逆算してタイムスケジュールを設定することや、担当者の割り振りを一から考えるのは、 とても大変な作業でした。
調理業務作業工程表については、1年生の後期の授業で学ぶため、今回のインターンシップで先取りして学ぶことができました。



 
また、「夏」をテーマに、みんなが食べたくなるような盛り付けを考え、プレゼンテーションも行いました。
私たちのグループでは、「七夕」をテーマに、夏野菜カレー、野菜スープ、ポテトサラダ、スイカの献立を考え、子供たちが楽しく残さずに食べたいと思う見た目にすることを意識しました。

 
最後に卒業生の方々との座談会では、現在の一日の仕事の流れややりがい、
就職活動へのアドバイスや卒業するまでにやっておいた方がいいことなど、たくさんのアドバイスを頂きました。

 
インターンシップは初めての参加で不安がありましたが、戸板卒業の先輩方がいて、安心して参加することができました。
栄養士について、現場での仕事内容について詳しく知ることができて、とても貴重な体験となりました。
この経験をこれからの就職活動に活かし、先輩方のような素敵な栄養士を目指します。

 
食物栄養科1年 腰塚未彩

学生ライター腰塚さん

食物栄養科

食物栄養科1年 腰塚です! 「やりたいと思ったら挑戦してみる」をモットーにしています。 戸板での様々な経験を通して、成長できるように全力で取り組みます!