【戸板栄養士会】子ども食堂『にこにこ清風食堂ワゴン』

食物栄養かわらばん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
戸板栄養士会

戸板栄養士会幹事、生活科35回生の木口 圭子さんより、
現在のお仕事について、執筆いただきましたのでご紹介させていただきます!

 

★子ども食堂『にこにこ清風食堂ワゴン』★

 

2015年から地域貢献活動「地域の居場所づくり」として子ども食堂をオープン致しました。

地域への開放と遊びと勉強、会食など大学生、地域の皆さんにもご協力いただきながらスタート。

子供たちも楽しみにしている子ども食堂として定着致しました。

 

しかし、2020年3月には新型コロナウイルス感染拡大の影響で施設に地域の方が入ることができなくなり、中止となりました。

その後、どうにか活動再開はできないかと検討した結果、新しい子供食堂へのチャレンジは、2021年3月18日に始まりました。

 

方法を変えて「子ども食堂ワゴン」となり、近くの中学校の駐車場をお借りしてお弁当50個を販売しました。(現在は75個販売)

こちらの中学校校長先生とは、「地域と学校をつなぐ」スクールボードのメンバーです。

 

近くの小中学校、中学校の生徒さん全員へ子ども食堂のチラシをお配りしてはどうか?と言うご提案も頂きました。

また、加えて、フードワゴンと言う新たな活路も併設することにしました。

(ご寄付頂いたものは、町田市の社会福祉協議会へお渡しすることにしています。また、清風園にご寄付も頂いているところです。)

 

初日は、午後5時半から40分で完売しました。現在では15分ぐらいで、ほぼ完売となっています。

新しい子ども食堂へのチャレンジは、社会福祉法人だけで完結することはなく、

地域のご理解やご協力がないと出来ないことが改めて感じたところです。

 

まだまだ課題はありますが、地域の一員でもある社会福祉法人として、その役割を今後も果たしていこうと思っています。

 

毎月一回ではありますが、コロナ感染予防対策をしながら、

特別養護老人ホームを守り、そして子ども食堂においても日々頑張る職員にも感謝をしているところです。

 

 

子ども食堂のブログ

https://www.san-ikukai.or.jp/seifu-en/nikoniko-seifu-syokudo/

 

生活科35回生
木口 圭子

 

****

戸板栄養士会への新規会員希望の方はこちらまでご連絡ください。

eiyoshi@toita.ac.jp

※会費は一切かかりません

****

戸板栄養士会

食物栄養科

戸板栄養士会は、食物栄養科(生活科)の卒業生会員によって成り立っています 。 様々な分野で活躍する栄養士の活動報告や時代とともに変化しつづける栄養学の最新情報を配信していきます! 社会で重要な役割を担う栄養士のスキルアップを卒業後も支援しています。