12/5(木)「戸板ゼミナール」にて菊池桃子先生の授業を行いました。

ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
入試・広報部

平成25年12月5日(木)「戸板ゼミナール」において1年生対象に、本学客員教授菊池桃子先生によるキャリア教育「ソーシャル・インクルージョンを知る」の授業を行いました。

国連が採択した人権に関する「条約」を通じ、ソーシャル・インクルージョン(社会の中に排除するものを作ってはいけない)の概念について学びました。
障害や病気を持った方々への政策的な配慮が日本でも行われており、その実例を踏まえながら社会に出る前に知っておきたい社会的弱者への政策を勉強いたしました。
社会的弱者の定義は広く「身体、健康、学歴、年齢、生活形態」など捉え方は実に多様で、社会生活と切り離せないソーシャル・インクルージョンを学生のうちから知ることは大変意義深いと感じました。

 

 

 

また、授業の最後は、「おまけ」のお話もいただきました。
趣味の新聞切り抜きの記事を分類しご講演の題材にされていることや、その記事の中から最近の興味深いもの、面白いものをご紹介いただき、皆、大笑いしてしまいました。
菊池先生、ありがとうございました。

入試・広報部

入試・広報部