模擬挙式「TOITA Wedding ceremony2020 supported e-mariage」を8/2(日)に Youtubeで生中継します。

ファッションNEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
学生部広報部 澁谷さん

戸板女子短期大学は、服飾芸術科の学びの一環として服飾芸術科1年生が、異なった年代を想定した「模擬挙式」「模擬披露宴」を企画・運営する「ウエディング・セレモニー」の発表会を2020年8月2日(日)のオープンキャンパス内で披露します。

ウエディングモデルではブライダル企業の現地見学やドレススタイリストによる実践指導を中心に、ウエディング業務を総合的に学習しています。職場で必要とされるビジネスマナーや敬語の遣い方、プレゼンテーション演習やホスピタリティ総論、サービスの心理学など様々な科目を通して、ホスピタリティの本質や表現手法も併せて学んでいます。

例年は、学生たちがウエディングプランナー、ドレススタイリスト、ヘアメイク、音響照明、プレス、カメラ、ブライズメイド、新婦の役割を分担し、全員一丸となって制作しますが、今年は新型コロナウイルスの影響で、ほとんどの授業がオンライン授業となり、ZOOMによるグループディスカッションやミーティングでのプランニングや運営となって言います。

当日は、またドレスショップ「ブライダルミュー」様の衣裳のご協力や安東徳子講師をはじめとするスペシャリストの各講師と一緒に、夢と希望が溢れるウエディングの世界をエンターテイメント性豊かに表現します。ささやかな幸せのお裾分けとともに、60名のウエディング業界を志望する学生が、精一杯のおもてなしをさせていただきたいと思います。戸板女子短期大学のウエディングモデルにご興味のある方は、ぜひ戸板女子短期大学のオープンキャンパスのご参加(予約制)もしくは、戸板女子短期大学公式Youtubeでご覧ください。

昨年のTOITA Wedding ceremony2019の様子
 

 

TOITA Wedding ceremony2020 実施概要

開催日時:8月2日(日) 11:00~14:00

模擬挙式 発表

グループ1 11:00~12:00 戸板ホール予定
グループ2 13:00~14:00 戸板ホール予定

開催場所:戸板女子短期大学 オープンキャンパス もしくは戸板女子短期大学Youtubeで生中継予定

 

 

グループ1 コンセプト

Vow Wedding

THE DEPERTURE ON THE DAY
~新しい出発の日~

「結婚」を旅

これから二人で景色をみながら

いろいろな人との出会いながら

どんな時も楽しんでいこう

二人の気持ちが実り

今日が出発です

お二人の誓いの場所は「 空港 」

 

新郎・新婦

 

 

 

グループ2 コンセプト

Bright WEDDING

 

新郎・新婦
 

 

 

新郎新婦エピソード

新郎・井上翔太さん(仮名)
29歳
1991年5月5日生まれ
都内私立女子高
英語教諭
東京外語大学卒業
父57歳ソニー損保勤務
母57歳工業翻訳業
双子の兄29歳、妹27歳
祖母82歳、祖母84歳

新婦・山上衣奈さん(仮名)
22歳
1998年6月6日生まれ
海外ウエディング会社勤務
戸板女子短期大学
2019年3月卒業
父60歳西武信用金庫支店長
母ウエディングエスコート 54歳
姉26歳、姉24歳(独身)
祖父81歳 祖母79歳

二人の出会いは2014年4月。衣奈さんが入学した私立女子高の担任が翔太さんだった。
翔太さんはその年に就任したため、はじめての担任クラスの生徒だった。翔太さんは衣奈さんに好意を持ったが、もちろん教え子と教師という関係では交際はご法度であるため、その想いを3年間胸に秘め、卒業式の日に打ち明けた。衣奈さんも翔太さんの好意は感じていたため、喜んで交際をスタートさせた。翔太さんには双子のお兄さんがいるが、中学生の時に走高跳の練習中に大けがをし、半身不随になった。お兄さんの分まで世界を知ろうと高校時代にはロスアンジェルスにホームステイをしたり、大学卒業後はすぐに就職せずに、バックパッカーとして世界を観て回り、それをお兄さんに毎日報告をしていた。衣奈さんは、お母さんがウエディングの仕事をしていたことから、小さな時からウエディングの世界に興味を持ち、海外ウエディングの会社に就職した。

Hybrid Style Wedding「eMariage」とは?

 

 

Hybrid Style Wedding eMariageとは

従来のオフラインと自由なオンラインのダブルコミュニケーションでつながる

「新しいウエディングスタイル」です。

 

 

ゲスト全員が主賓席
ゲスト全員と同距離でコミュニケーションできる

オンラインウエディングは、画面上に全員が並ぶので、席次の概念や上席や末席の区別がなくなり、
いわばゲスト全員が主賓席に位置することになります。
つまり、全員がメインテーブルの正面にいることになるため、
リアルウエディングに比べ、ウエディングへのコミット感が高いことが特長です。

またカップルからもゲストの一人一人をクローズアップしてコミュニケーションができるので、
”気持ちがひとつになる”一体感を体感することができます。

 

全天候対応型ウエディング
お天気の心配がいらない気候ストレスフリー

2019年の台風19号をはじめとして、近年ウエディング業界も気候変動の被害が増加してきています。
従来人気の高かったガーデンウエディングなども、選択肢の一つとして検討対象にはなりますが、
最近では敬遠される傾向が強くなっています。

オンラインウエディングは、天候ストレスフリーという魅力があり、
開催するカップルも、ゲストもウエディングが近づくと天気予報に一喜一憂する心配がありません。

 

グローバル バリアフリーウエディング
日本全国、世界中からゲストをお呼びできる

従来のウエディングでは、遠方のゲスト候補や、高齢のゲスト候補には声をかけにくく、
招待を控える傾向にありました。
また、招待する際の交通宿泊費などの負担についてのやりとりの居心地の悪さなどもありました。

オンラインウエディングでは、会場のバリアフリー環境は全く関係しないので、
ディセイブル(身体障碍者)や物理的に移動が困難なゲスト候補にも、遠慮なく声をかけることが出来ます。
また海外にいる友人や親族が式に参加できるメリットもあります。

 

交通宿泊費フリーのおもてなし
飛行機、新幹線、ホテル代がかからない

首都圏のウエディングに、九州から参加するとすれば、
飛行機代、あるいは新幹線で往復5万円以上、またビジネスホテル代で8,000円前後、
タクシー代、美容院代、カフェ代、ご祝儀など合わせれば、
一組のウエディングで、一人当たり1万円近くの出費となります。
オンラインになればその負担がゼロになります。

それだけでも、オンラインウエディングは、ゲストフレンドリーなスタイルと言えるでしょう。

 

時短のおもてなし
移動時間ゼロにより休日返上の負担をなくす

リアルウエディングでは、ウエディングのゲストはほぼ丸一日をウエディングに費やす事になります。
丸一日、パーティで楽しい時間を過ごすならまだしも、
移動や身支度など、カップルとは関わらずにいる時間を多く過ごすことになります。

オンラインウエディングなら、パーティ開始の直前まで別の事をすることができ
また本来なら仕事でウエディングに参加できなかったはずのゲストも、会社のデスクから参加する事もできます。

大切なゲストに時間の負荷をかけないというおもてなしの価値もあります。

 

 

 

プロフェッショナルな講師陣

 

安東徳子 講師

 

戸板女子短期大学 ウエディングモデルコースアドバイザー
マリッジ・ライフプランナー
(株)エスプレシーボ・コム代表取締役
(一社)日本ヘッドスパ協会理事

ウエディング業界を中心としたサービスビジネスのコンサルタント、検定テキスト監修者。安東先生が携わった5,000組以上のカップルのデータ、幅広い冠婚葬祭の知識、そして豊富な海外経験から構築されたユニバーサルなマナー理論には定評があり、多くの企業に採用されています。

 

河田淳鼓 講師

戸板女子短期大学 非常勤講師
株式会社エスプレシーボ・コム

ウエディングプランナーとして、驚異的な成約率97%を持つ、スーパーセールスセミナー講師。ホテルを対象にオリジナルウエディングの企画手法などの研修を手掛け現在までに1500組以上のカップルのウエディングを実施。現在もプランナーとして活動。

本件に関するお問合せ先

戸板女子短期大学 学生部 澁谷まで
TEL 03-3452-0696

学生部広報部 澁谷さん

職員
学生部&入試・広報部

戸板女子短期大学 学生部、入試・広報部として、企画、デザイン、WEB、マーケティングを担当。Youtuber。 戸板女子短期大学のニュースや記事、田町や三田周辺の情報を得るために、いつもアンテナを張り巡らして集めています。