授業紹介「調理学実習1」 食物栄養科かわらばん

食物栄養かわらばん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
川嶋比野 准教授

調理学実習1 川嶋比野先生

戸板女子短期大学では、緊急事態宣言中ではありますが、感染対策を充分に配慮したうえで一部実習科目の対面授業を再開しています。

 

食物栄養科 今週の「調理学実習1」授業では中国料理の実習を行いました。

黒豚シュウマイ、クラゲの冷菜、鶏ガラを使ってダシ作りから行った卵スープ を作りました。

 

コロナ対応のため、学生の皆さんには写真のようなお弁当に詰めてもらい、実習室の外で個々に試食してもらっています。

 

「ザーサイの漬物」や「ライチフルーツ」も初めて食べる学生が多かったようです。調理実習ではあえて珍しい食材や高級な食材を使い、食経験を豊かにする事もねらいとしています。

受講学生からはこの様な感想が

「調理実習を通して料理をするのが以前よりも楽しくなり、先生方のサポートもあり上達してきました。」

「調理実習で本格的な黒豚のシュウマイの作り方を教えてもらえて驚きでした。不器用な私でも上手に包むことができ楽しく取り組めました。」

せっかくの貴重な対面授業で多くの事を学び取って欲しいと思います。

 

食物栄養科 川嶋比野

川嶋比野 准教授

食物栄養科

実習では包丁の持ち方や洗米の仕方から教えますので調理初心者でも心配ありません!まずは調理の楽しさと美味しいと言ってもらえる喜びを覚え、調理を好きになりましょう。「好きこそ物の上手なれ」です。料理には、人を幸せにする力があります。 調理学 / 調理学実習1 / 調理学実習2 / フードコーディネート論/食育演習 / 食物栄養科ゼミナール