cake to go 試作品&ランビック工場見学に行ってきました!

食物栄養かわらばん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉川 尚志教授

2021年度 戸板ゼミナール「産学連携プロジェクトプレゼンテーション」

食物栄養科の課題は、デリバリーした時に「はっ」とするケーキのメニュー開発です。

 

過去の記事は こちら

 

本戦を通過した3組の試作品のお披露目と意見交換会が9月14日(火)に株式会社ランビックの工場で行われました。

閑静な住宅街の中にひときわ目立つおしゃれなBliss cafeの上にランビック工場があります。

到着した学生の第一声は、授業や打ち合わせの際にオンラインで見た背景の記憶から「ここからご指導していただいていたのだ」でした。

着席して間もなく木村部長が試作品をお持ちくださり、製作段階での苦労や今後の改善点につきご説明を頂き、学生が質問や要望をお伝えする貴重な時間となりました。

 

以下は学生の試作品のお披露目を終えての感想となります。

チーズっ茶 11班

試食をさせて頂いて、中のラズベリーソースが、濃厚な抹茶と相性抜群でとても美味しかったです。
また、チーズケーキの代わりに生クリームをのせることで、私たちがこだわった赤・緑・白の色合いをなくすことなく、見た目も華やかになっていて良かったです。花形に切られたいちごもとても可愛かったです。

若干サイズが大きく、食べ応え満点でしたが、最後まで美味しく食べていただくことが大切なので、サイズを小さくすることを改善点として提案させていただきました。他にも、崩れやすい部分やクッキーの硬さなど食べやすさの点での改善をお願いしました。

今まで頭の中で考えていたものが実際に試作品として出てきた時はとても感動しました。改めて、貴重な体験をさせて頂いていると感じました。

これからさらに良いものになると思いますので、最終的にどのような商品になるのかとても楽しみです!!

 

 

くるん 9班

短期間でインパクトのあるくるんを生み出すのには沢山の改善・改良があり、どのような形になっているかとても不安でしたが、木村様に運ばれてきた試作品を一目見ただけで雲だと分かり、改めてプロのパティシエの方々の凄さを感じることが出来ました。

食べてみると中には苺のクリームと小さい苺のダイスも入っており、クリームの甘さと苺の酸味がとてもマッチしていました。

中毒性がある味で、見た目も中身も今までに無いシュークリームができたと感じました。

値段の方も手に取りやすい低価格に挑戦し、味・見た目・価格どれも妥協せずにこだわっているので、

皆さんにもぜひ世界でたった一つの雲【くるん】を堪能して下さい!

 

Happiness to You 22班

お店に入るとキラキラと輝くスイーツがショーケースに並んでいました。

自分たちが考えた商品がこのような形で売られるのかと思うと胸が高まりました。

心を踊らせながら会議室に入ると、そこに出されたケーキは想像していたものとは少し異なりました。私たちが提案したものは4種類のケーキでしたが、試作品として出てきたのは1種類の統一されたケーキでした。ここから、商品を生み出す難しさを学びました。

他のライバルチームは1つしか作成していないため、同じ期間で4種類のものを作成するのはとても大変です。むしろこの期間に他のチームのケーキの試作もある中、私たちの試作品を仕上げてくださった木村様にプロの魂すら感じられました。

試作品は当初のコンセプトと若干異なる部分も出てきましたが、私たちの考案した4つのハートで四葉になるという形は維持していただけましたし、その結果、統一され高級感が増したと思います。

可愛く仕上がった企業と大学生のコラボ商品 Happiness to you を是非多くの方に食べてもらいたいと思います!

 

今後、引き続き商品化に向けて、ランビック様のご指導の下、商品を改良し、実際に商品として店頭に並ぶまでを随時、ご報告させていただきます。

また、学生からホームページ等の媒体を通じてコマーシャルも行いますので、販売された際にはみなさまにもお手に取っていただけますようお願い致します。

 

本件に関するお問い合わせ先

戸板女子短期大学 入試・広報部 澁谷まで
TEL 03-3451-8383

吉川 尚志教授

食物栄養科

やる時はやるを基本に勉強も遊びも充実させましょう。大学に入るまで、勉強をしてこなかった人も嫌いだった人も将来を見据えて今一度、勉強にチャレンジしましょう。 主な担当科目 :スタートアップ演習A / スタートアップ演習B / 公衆衛生学 / 臨床栄養学2 / 戸板ゼミナール / 食物栄養科ゼミナール