【応用調理A】人気のスイーツ調理の授業内容を紹介します!

食物栄養かわらばん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
食物栄養科 川瀬さん

応用調理Aでは、洋菓子を中心に、それぞれのお菓子の由来や歴史、素材の知識、作り方、器具の扱い方、

デコレーション等を総合的に学びます。

最終授業では、今まで授業で学んだことの総復習として、一人一台スポンジケーキを焼き上げます。

学生たちは、焼き上がるまでドキドキ…。

自宅で練習してきた学生も多く、それぞれ自信をもって取り組んでいました。

 
今年度の授業内容を一部ご紹介します!
 

フルーツケーキ、季節のコンポート(洋梨)

フルーツケーキには、先生お手製の漬け込みフルーツをたっぷりと使用しています!

洋梨のコンポートに添えるヨーグルトクリームは、甘いコンポートと相性がよく、

さっぱりとした甘さに仕上がっています。

季節に合わせて、フルーツを変えても楽しめます♪

 

キッシュ、フォンダンショコラ

フォンダンショコラは、焼き時間が10分と少ないため、とても簡単に作ることが出来、おもてなしにピッタリです!

中からチョコがとろけだすと、学生たちも「うわ~!美味しそう~♡」と笑顔がこぼれていました。

 

肉まん、月餅風クッキー

肉まんは、皮から手作りし、優しい甘さの皮と肉汁たっぷりの餡がぎっしり入っています。

学生たちは、餡を包む作業に苦戦。。。

先生に包むコツを教えて頂き、数をこなすうちに上達していました。

 

ロールケーキ、ビスコッティー

ロールケーキは、生地とクリームにコーヒーを混ぜているため、

少しビターな仕上がりですが、バナナとの相性が抜群です!

ビスコッティーは、ナッツとオレンジピールがアクセントになり、食べ始めると止まらず…

いくらでも食べられてしまいます♪

 

シュークリームと応用

生地が膨らまず、失敗しがちなシュークリームですが、

先生からポイントを教わり、ほとんどの班がキレイに仕上げることが出来ました。

今回、膨らみが足りなかった班は、何が原因だったのか、先生からアドバイスを頂き、しっかりと学んでいました。

 

お菓子作りは、基本となる材料(砂糖、小麦粉、バター、卵)は同じでも、

性質や調理法で様々なお菓子が出来上がるため、奥深さを感じます。

また、基本材料に少し変化を加えることでアレンジも豊富なため、自分好みにすることも可能です。

 

応用調理Aの授業は、とても人気があり、学生たちが楽しみにしている授業の1つです!

全授業終了後、学生たちも大満足のようでした!

食物栄養科 川瀬さん

食物栄養科

食物栄養科の助手として、調理学実習や応用調理A.B、加工実習など、主に調理系の科目を担当しています。 皆さんに授業の様子や魅力をお伝えしていきます!