【戸板栄養士会】フリーランスの仕事 一部紹介します

食物栄養かわらばん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
戸板栄養士会

こんにちは。戸板栄養士会です。

本日は戸板栄養士会幹事、生活科21回生の村上律子さんより、
今回「フリーランス」の仕事の一部 について執筆いただきましたのでご紹介いたします!

以前は、地域活動栄養士会での取り組みについてご紹介いただきました。その時の記事はこちら!

ーーー

私は「フリーランス」管理栄養士として診療所、デイサービス等他兼務しています。
今回は市内で年5回、地域を変えて行われている「フレイルチェック」の中で「栄養講話」を担当しておりますので
ご紹介させていただきます。

フレイルチェックは2020年から各市区町村で行われており、
高齢者の「介護予防」「閉じこもり予防」「健康づくり」を始める良いきっかけになっています。

フレイルとは「健康」と「要介護」の中間の時期にあたり、適切な対応で「健康に戻れる」と言われております。
しかし「フレイル」という言葉については、まだ認知度が少ないように思われます。

このフレイルチェック当日は質問紙や測定機器を用いて
「栄養(食・口腔機能)」「運動」「社会性・こころ」のフレイルの兆候を測定し、
今の自分の状態を確認でき、フレイル予防に取り組む良い機会となっています。

栄養については、活動量の低下、食事量や食欲の低下、胃腸機能の低下などで慢性的に低栄養になると、サルコペニアが進行し、やがて介護という悪循環をたどってしまいます。

そのため当日参加者には、フレイルを先送りし、健康寿命の延伸につながる栄養講話をしております。当日の栄養の配布資料とホワイトボードに貼った1日の食事例を紹介させていただきます。
(フレイルチェック考案 東京大学高齢社会総合研究機構)

****

戸板栄養士会への新規会員希望の方はこちらまでご連絡ください。

eiyoshi@toita.ac.jp

※会費は一切かかりません

****

戸板栄養士会

食物栄養科

戸板栄養士会は、食物栄養科(生活科)の卒業生会員によって成り立っています 。 様々な分野で活躍する栄養士の活動報告や時代とともに変化しつづける栄養学の最新情報を配信していきます! 社会で重要な役割を担う栄養士のスキルアップを卒業後も支援しています。