横浜FC スタジアムグルメ 産学連携プレゼンテーション予選結果を発表します。

食物栄養かわらばん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉川 尚志教授

毎年、戸板女子短期大学では総合教養科目である「戸板ゼミナール」の中ですべての1年生が学科ごとにわかれて産学連携プレゼンテーションを実施しています。今年の食物栄養科の学生はJリーグサッカーチーム「横浜FC」とコラボレーションして、「女性受けするスタジアムグルメを商品開発し、実際に販売しよう!」という演題で実施しています。

 

今年は新型コロナウィルスの影響で、ZOOMを活用し、食物栄養科の学生たちはPCやスマートフォンを駆使して、まだ会ったことのないグループの仲間たちと時間を見つけて、商品開発の課題に取り組んできました。中には、実際に自宅で試作を繰り返すグループも見受けられ、学生が自分の企画にかける思いや本気度合いが感じられます。

5月14日から1グループ5~6名の30グループに分かれてグループワークを開始、7月2日に予選として5つのZOOMグループに分け、自分たちのグループのプレゼンを全学生が実施し、決勝進出する8グループを横浜FCの方に選んでいただき、本日7月9日、戸板ゼミナールにて結果発表をしました。

 

選出されたグループは下記の通りとなります。

1グループ 九龍球ソーダ
3グループ フリ丸のみみ
6グループ フリンバFC丼
9グループ ブーケサンド
10グループ はまボール
22グループ ワッフルチキンサンド
28グループ たっぷり野菜のカップカレー
29グループ イレブンロール

 

決勝戦は1週間後の7月16日に実施されます。短い期間ですが優勝に向けての準備を頑張っています。またその様子もこの場でご報告させていただきます。

 

予選の様子

 

本件に関するお問い合わせ先

戸板女子短期大学 学生部 澁谷まで
TEL 03-3451-8383

吉川 尚志教授

食物栄養科

やる時はやるを基本に勉強も遊びも充実させましょう。大学に入るまで、勉強をしてこなかった人も嫌いだった人も将来を見据えて今一度、勉強にチャレンジしましょう。 主な担当科目 :スタートアップ演習A / スタートアップ演習B / 公衆衛生学 / 臨床栄養学2 / 戸板ゼミナール / 食物栄養科ゼミナール