JA全農とやま「史上初の肉祭り!」でJA全農とやまとのプロジェクト発表を行いました。

企業プロジェクト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
山内明美 ゲスト講師

戸板女子短期大学 食物栄養科では、11月26日、富山県富山市で開催されたJA全農とやま 「史上初の肉祭り!」内にて、戸板女子短期大学の産学連携の研究発表をチーム「ベッラドンナ」が行いました。

JA全農とやまの無洗米を使ってのダイエットレシピ考案とSDGsの研究発表をテーマに、今年の7月より6カ月間かけて取り組んだレシピコンテスト優勝チームによる発表です。

今回のプロジェクトは多くの要素を盛り込みました。

・ダイエットレシピの考案
・クックパットにてレシピ動画作成
・ゆるキャラデザイン
・Twitter」を使っての無洗米クイズ出題
・SNSを使って無洗米を啓蒙するPR大使 など

 

 

コロナ禍で3年ぶりに開催となり、観客が2,000人を超えたイベントとなりましたが、学生たちの発表をライブ映像で撮影し大きなスクリーンに流すためプレゼン資料の作り直しなど、更に大変な作業だったと想像します。

他のチームメンバーも役割分担してくれ、優勝チームの濱地さんと鈴木さん、お二人とも無事立派に発表を終えることが出来ました。

大学の課題も多く、アルバイトも掛け持ちしながら取り組んだ盛沢山のプロジェクトで、大変だったと思いますが、発表を終えた彼女たちは「楽しかったから出来た!」の嬉しい言葉でした。

大人たちに交じって初めて経験した3本締めに戸惑いつつも、今回の達成感は今後に良い影響を与えてくれるはずですし、優勝を逃したチームもそこから学ぶことの方が大きいはずと信じています。チームで一つのことを成し遂げるには、先ずは自分が与えられたことを責任持って完遂すること、色々な方々のサポートへの感謝を忘れないことを学んで貰えたら嬉しいです。

私も今回の経験をもとに、戸板女子短期大学での産学連携の意義を改めて伝えていかねば、の思いでいます。

 

総合教養科目 マナー演習担当
株式会社アッサンブラージュ
山内明美

山内明美 ゲスト講師

総合教養センター

日本航空株式会社にて国際線客室乗務員として勤務。退社後、人材教育会社にて研修部長とプランニング部長を15年兼務。2003年より戸板女子短期大学ゲスト講師、2009年より多摩大学の講師となる。 2006年7月、株式会社アッサンブラージュを起業し代表取締役として精力的に活動中。ホスピタリティの概念を行動に表す表現力強化研修を得意としている。