食物栄養科「戸板ゼミナール」2022年産学連携プロジェクト ~大人のバーガーカフェにふさわしい20代向けの商品提案~

食物栄養かわらばん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉川 尚志教授

毎年、戸板ゼミナール1で実施される、戸板女子短期大学で一番大規模な産学連携企画が今年も始まりました。入学前からたくさんの学生が楽しみにしている企画のひとつです。

今年度は株式会社コロワイドグループのFRESHNESS BURGER様(以下敬称略)のご協力をいただき、メニュー開発を行います。
FRESHNESS BURGERよりいただいた課題は「大人のバーガーカフェにふさわしい20代向けの商品提案」ということで、選出された商品は実際に商品化されます。

4月21日(木)の授業内で、最初に株式会社フレッシュネス社長の齋藤健太朗様より会社概要と理念についてお話を頂きました。その後、取締役マーケティング本部長の長崎様、商品開発担当者の逆井様より企業が抱える問題について細かいデータをもとにご講演をいただき、今回の課題提示をしていただきました。

最後に質疑応答の時間も設けていただいたのですが、対面受講の学生からはもちろんのことオンライン受講の学生からもあまりにも積極的に多くの質問が出されたために、講義時間内では足らずに最後はメールでの対応となるほどでした。

 

質問の一部をご紹介いたします。
・同業他社との差別化をどのように図っていますか。
・コロナ禍における売り上げの影響を教えてください。
・商品開発でいくつかの候補から選ぶ決め手や基準があれば教えてください。
・過去の季節限定メニューで一番人気だった商品を教えてください。
・商品名を付ける際に、分かりやすい等の決まりがありますか。

次回からは1グループ5~6名でのグループワークが始まります。自身が考えたアイデアをグループ内で提案し、最終的に1つの商品アイデアを作り上げます。講義時間外でも話し合いや試作を経て、グループの自信作を企業の方にプレゼンテーションします。

学生は考えたアイデアが実際に商品化されることを夢見て頑張っています。
商品化された際にはぜひみなさんも学生の努力の結晶を味わっていただきたいです。

食物栄養科 吉川尚志

吉川 尚志教授

食物栄養科

やる時はやるを基本に勉強も遊びも充実させましょう。大学に入るまで、勉強をしてこなかった人も嫌いだった人も将来を見据えて今一度、勉強にチャレンジしましょう。 主な担当科目 :スタートアップ演習A / スタートアップ演習B / 公衆衛生学 / 臨床栄養学2 / 戸板ゼミナール / 食物栄養科ゼミナール