東レ株式会社本社の生地の展示会にお邪魔しました。

ファッションNEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中村 晴菜 講師

戸板女子短期大学では、TOITAアクティビティーの一環として、7月13日に服飾芸術科の有志で日本を代表する素材の会社 東レ株式会社 の本社にお邪魔しました。

通常は立ち入れない社内で行われた3日間限定の生地の展示会を見学させていただきました。

今年は、特にサスティナビリティに力を入れているとのことで、様々な技術や展示を見ることができました。

ペットボトルから糸になる工程では、回収ゴミは日本国内限定。

日本の工場で糸にし、生地を作る。
全ての工程に理由があり、説明を聞く学生も『凄い!』の連続、まさに日本の技術力を感じることができました。

糸から出来る生地は一種類ではなく、様々な配合により、
リサイクルの技術だけではなく生地としての表現が無限大であることに驚きました。

実際に、素材に触って確かめる事ができたので肌で感じる貴重な体験ができました。

さらに、繊維の型を変える事により染料の染み込み具合や撥水加工のしやすさ、触り心地などが全く違うことを知り、川上である企業の知られざるこだわりに圧巻でした。

シルクの様な質感の生地には「ほぼ、シルク!!」と何度も触ってみて、生地の素晴らしさを感じました。

実際に製品のイメージが湧くように、生地を使った服をきちんとデザイナーさんがサンプルとして作っていたので、想像しやすく、見る人の心に響く展示になっていました。

大企業なので、エントランスではみんな緊張していましたが、担当者の方々が詳しく説明してくださり、気さくに話してくださったので、ネットでは分からない企業の魅力や繊維の奥深さを知り、良い学びになりました。

オンライン上で情報を得ることが多くなっている今、実際に触れることができてとても貴重な体験になりました。

中村 晴菜 講師

服飾芸術科

百貨店・ファッションビル・アパレルブランドなどのディスプレイやVMDのデザイナーとして商品やブランドの発信に携わっていました。 ビジュアルにより人の心を動かす術を学び、今後の様々な場面で活かしていきましょう。また、相手に伝わる表現力を一緒に磨いていきましょう。