美女と野獣 〜誰もが知る大人のためのおとぎ話、ジャン・コクトーの幻想譚〜を戸板女子短期大学が開催

ファッションNEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
学生部広報部 澁谷さん

 

「美女と野獣」(フランス語で「La Belle et la Bête」)は、フランスの異類婚姻譚です。 1740年にガブリエル=スザンヌ・ド・ヴィルヌーヴによって最初に書かれました。現在、広く知られている映画やミュージカルの原典は、それを短縮して1756年に出版された、ジャンヌ=マリー・ルプランス・ド・ボーモン版になります。戸板女子短期大学の学生が「ファッションショー」として演じるのは、フランスの詩人であり映画製作者であるジャン・コクトーが制作し、1946年にフランスで公開された恋愛ファンタジー映画。ベル役のジョゼット・デイやジャン・マレーといった映画スターたちが結集した作品です。

今回は、戸板女子短期大学 服飾芸術科の学生「4人のベル」と「野獣」が繰り広げるドラマを朝月真次郎教授がプロデュース。約30名の学生モデル、スタッフと一緒に朝月真次郎教授が作り上げた衣装に、2.5次元ミュージカルのメイクアップアーティストが彩を添えます。ぜひお楽しみにしてください。

戸板女子短期大学が贈る究極のロマンティック・ラブストーリー
 

「4人のベル」が登場するTOITAオリジナル「美女と野獣」ファッションショー
 

6/18(日) 12:30~13:00
戸板女子短期大学 戸板ホール
 

 

 

 

 

ストーリーについて

野獣の花園から薔薇を摘んだことによって死刑にされるベルの父親を中心に展開されます。 ベルは野獣に父親を還してほしいと頼みます。しかし、野獣はベルに恋をして、一晩中結婚を申し込みますが、ベルは拒みます。 野獣はベルが家族の元に還ることを許しますが、もし彼女が1週間以内に戻らなければ父親を殺すという試練を課します。最終的にベルは、野獣に魅かれるようになります・・・。

 

主な登場人物とファッションショー出演者

ベ ル 役
聡明で心優しく、勇敢な魂を秘めた美しい女性。小さな村で父モーリスと暮らしながら、広い世界を夢見ている。読書家で空想好き。活発で、独立心旺盛な心の持ち主。村人たちからは「変わっている」娘だと思われており、心の底に、人々から理解されない孤独や、母を知らない寂しさを抱えている。

 
 

野獣(ジャン)役 大野清志さん
 

魔女の呪いで醜い野獣に変えられた王子。かつては壮麗な城に暮らす美しいが傲慢な若者だった。今は自らの姿を嫌悪し、森の奥深くに隠れ住む。呪いを解くには、魔法のバラの最後の花びらが落ちる前に、誰かと心から愛し合わなければならない。絶望と孤独の中で心を閉ざし、長い時を過ごしている。

 

 

 

本件のお問い合わせ・取材に関しては

入試・入試広報部 澁谷まで
TEL 03-3451-8383

学生部広報部 澁谷さん

職員
学生部&入試・広報部

戸板女子短期大学 学生部、入試・広報部として、企画、デザイン、WEB、マーケティングを担当。Youtuber。 戸板女子短期大学のニュースや記事、田町や三田周辺の情報を得るために、いつもアンテナを張り巡らして集めています。