栄養士からイメージコンサルティングとして独立、自分の道を見つけました。

プログレス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
戸板女子短期大学公式

2019年3月に戸板女子短期大学 食物栄養科を卒業された伊藤 果歩さん。

戸板女子短期大学で2年間の短大生活を過ごした後、給食受託会社に就職。その後は自分のやりたい道を見つけ、イメージコンサルティング for you の代表として起業。食物栄養科から栄養士として就職、そして、全く別の分野での起業。

伊藤果歩さんに、学生時代のこと、社会人になってから、起業、学生へのメッセージなどを語っていただきました。

戸板女子短期大学の先輩のように私もなりたいと思った

私が戸板女子短期大学に入学したきっかけについてお話しします。

高校時代、進路を決めるタイミングで「栄養士になろう」と思い、探していたところ戸板女子短期大学に出会いました。
当時は大学に進学して管理栄養士を取得してから就職することも考えたのですが・・・高校が商業科で、普通科の理系の必須項目単位を取得できなかったため大学は選択肢からなくなりました。

選択肢が狭まった中で、本当にここでいいのかなという漠然とした不安があったのですが、
オープンキャンパスに来た時にその不安が、ここに行きたい!という想いに変わったことを覚えています。

初めての大学、初めての場所で緊張しながら母と足を運んだ記憶があります。

ピンク色のポロシャツを着て笑顔で私たちを迎えてくださったのが、オープンキャンパススタッフ「チームといたん」の先輩でした。
「といたん」がリアルな学校生活について不安や疑問点を解消してくれ、背中を押してくれました。
実際に通学している先輩のリアルな声やアドバイスは、高校生の私にとって戸板での学校生活のイメージがつきやすくとても参考になりました。
その時に私は「といたん」の先輩のようになりたいと思いました。

入学前から学校や生徒の雰囲気がとても良かったので、入学前に大きな不安を抱えることもなく、楽しみな気持ちで入学式を迎えた記憶があります。
嘘のように思われてしまうかもしれませんが、入学後大きなギャップはそこまで感じず・・・

短大のため授業がびっしりで忙しいのは事実ですが、学生がのびのびと、やりたいことや個人の強みを活かしてキラキラとしている雰囲気が素敵な学校だと思いました。

スイーツパラダイスとのメニュー開発コラボでリーダーに抜擢

私が入学する決め手のひとつとなった「といたん」としての活動の中で印象的なものは、
リーダーに抜擢させていただいた、「スイーツパラダイス」さんとのコラボです。
私たちが「栄養面」も考慮してスイーツをメインにレシピ考案、試作を繰り返し、何度も先方とやり取りをして
期間限定で実際の「スイーツパラダイス」さんの店舗でスイーツを提供させていただきました。

一緒に企画に携わっていたといたんの皆で原宿店に行き、視察し、沢山写真を撮ったことを思い出します。

戸板女子短期大学 食物栄養科は二年生になるとフードコーディネーターとフードスペシャリストの資格取得のカリキュラムも得ることができるので、私はフードコーディネーターを選択しました。もともと食文化に興味があったことと、テーブルコーディネートやプロデュースのスキルを身に付けられると思ったからです。

選択授業は基本的には自分が興味のあるもの、必要と思うスキルが身に付けられるもの、他学科の人とも交流ができるものを選択していました。食物栄養科は栄養士の資格取得までに学ぶことが沢山あるため、2年間で詰め込むのはとても大変なのですが・・・自分の学びたい科目を沢山学べることが魅力的でした。

選択授業だと応用調理Aが楽しかった思い出があります。
毎授業、スイーツを2~3種類作り、かつ調理工程の振り返りやスイーツの歴史を学べ、いつもワクワクしていました。必須項目の調理実習で調理するスイーツよりも本格的です!

卒業後栄養士として現場で働き、イベントをする時にこの授業での経験を活用できた、と感じています。

大手給食会社の栄養士から起業、独立

短大卒業後は株式会社LEOCに就職しました。
1年目は有料老人ホーム、2年目はサービス付き高齢者住宅の立ち上げ後、責任者として現場で約3年間勤務しました。

元々は管理栄養士の資格を取得後、栄養教諭になるために再度勉強しようと思っておりましたが、途中から「人材育成」「プレゼンテーション」等に興味が出てきて、キャリアプランが変わりました
有難いことに人に恵まれ、上司からも沢山の機会をいただけたことで、2年目は会社としても大きな案件である現場の立ち上げをし、当時の責任者の方と私を筆頭に現場を作り上げていくという、貴重な経験をさせていただきました。

責任者になってからは後輩が3人出来、新しい従業員とコミュニケーションをとる中で現場栄養士でも事務栄養士でもない、「人」を大切にした何かを仕事にしたいと強く思うようになりました。

入社当時から3年経って本部異動がなければ会社を辞めると決めており、4年目に突入する前に今後のキャリアプランについていろいろな方に相談しました。
異動の理由は「環境を変えたい」「新しいことをしてみたい」という気持ちと、やりたいことを見つけてその勉強も始めたいという気持ちがあったからです。
その後無事異動が決まり、同じ系列会社の本部で「外販事業」を担当しています。

外販事業本部は人数も少なく、部署内で小さな会社をやっているようなイメージです。
企業様同士の間に入って受発注をしたり、会社のPB品の販促、ECサイトの運営や梱包、営業、電話対応様々です。
自分には事務仕事は合っていない、ということもここで初めて気が付くことができました。

「人とのコミュニケーション」「目に見えて感謝しされるもの」が好きということも再認識できました。

そのLEOCも、2022年1月に退職し、今はイメージコンサルタントとして個人の事業をメインに動いていきます。

イメージコンサルタントはパーソナルカラー、骨格、顔タイプ等から、お客様に似合うファッションやメイクのご提案、人生をより豊かにするサービスの提供をするお仕事です。
自分に自信のなかった私が勇気づけされたきっかけでもあるため、今度は自分がきっかけを与える側になりたいと思いこの道に進みました。

どう見せたい、なりたい、見られたい・・・それぞれの外見だけではわからない、内面にも寄り添ったパーソナルなご提案は人にしかできないと思っています。

そんな風に言えるように私が変わったのも、会社員をやりながらスクールに通い勉強し、ようやく走り出せる準備が出来たからこそです。

No Rain,No Rainbow 

私のモットーは「No Rain,No Rainbow」です。

好きだったタレントの方が言っていた言葉で、後々それがハワイのことわざであることを知りました(笑)

「雨なしでは虹が見られない」、つまり辛いことがあるからこそ、最高の景色を見ることができるということです。
辛いとき、落ち込んでいるとき、苦しんでいる時こそ成長している証拠だと心から思うようになりました。
「現状維持は衰退」と思い、順調な時ほど気を抜かずに努力しようと意識しています。

幼いころから身内や仲のいい人にはお調子者で、元々社交的でもなく、どちらかといえば周りの目ばかりを気にして内気、自分の気持ちよりも相手優先で生きてきました。
しかし、それ故に抱え込みすぎて一人で爆発していました(笑)
それを変えたきっかけとなったのが、中学で女王様タイプの女の子と出会ったことでした。

振り回されて言えない自分が嫌になり・・・
自分だけではなく、皆も同じようにネガティヴな意見を持つのであれば、
私が自信を持って発言出来るようにならなければ、と強く思うようになりました。

高校に入学してその思いが原動力につながったのか、学校生活も部活動も楽しく人にも恵まれ、「部長」として部をまとめる立場もやらせていただきました。
まだまだ人を優先しすぎて潰れる自分はいましたが、高校でのこの経験から「伝える」「発言する」「まとめる」等のスキルが少しずつ身について、いきいきとした自分を好きになれたきっかけでもありました。

また部活の同期との出会いや過ごした時間が今でも本当に大切な思い出で、みんなと足並みを揃えて手を取っていくリーダーに沢山救われていました。

これらの経験から「積極性」も徐々に備わり、学校生活でもグループをまとめる機会が増えていきました。
短大に入ってからも、やりたいことは全部やりたい!とといたんやゼミの活動も積極的に行った結果、今もこのような機会を頂ける自分に変われたのではないかと思います。

やりたいと思ったことを思ったときにやってほしい

戸板女子短期大学の学生の皆さんにお伝えしたいことはただ1つ。やりたいこと、夢、目標、なんでもいいです。

やりたいと思ったことを思ったときにやってほしいと心から思っています。

挑戦する人を止める人は沢山いますが、挑戦する人が沢山いる環境に身を置くと、ネガティヴな声は気にならなくなります。
これは私の実体験からお伝えできます。

若い今のうちに挑戦できなかったことは、大人になったらもう絶対にやろうと思えません。

見つからない、という方は、多くの人に出会い、話し、経験することで見つかることもあるので、沢山の人とお話して欲しいと思います。
固定概念を外せたり、刺激になったり、無形資産が増えるきっかけにもなります。

「人脈・知識・経験」といった目に見えない資産をたくさん作って、やりたいことを見つけていってほしいと思います。
偉そうに聞こえてしまうかもしれませんが、私もまだまだです。

学生のパワーは本当にエネルギッシュで素晴らしいと思うので、やらない理由を探すのではなく、やる理由を探して楽しみながら過ごしていただけたらなと思っています。

戸板女子短期大学は、学生に対するフォローやチャレンジのきっかけが本当に充実していると思います。
そのきっかけをぜひ掴みにいって、自己成長に繋げていただきたいです。

私もこれからも楽しみながら成長していきます。
最後までご覧いただきありがとうございました!

本件に関するお問い合わせ先

戸板女子短期大学
入試・広報部 澁谷まで
TEL 03-3451-8383

戸板女子短期大学公式

職員
入試・広報部

エアライン、ホテル、 医療事務、IT、ウエディング、アパレル、ネイルビューティ、栄養士などの就職に強い戸板女子短期大学公式です。 ニュースやイベントなどをお知らせします。